柏木由紀、秋元Pからの「ババア」扱いに「腑に落ちない!」

柏木由紀、秋元Pからの「ババア」扱いに「腑に落ちない!」

アイア AKB48を起用した新作ゲームお披露目記者会見にて クランクイン!

 AKB48の実際のライブ映像を使用した新たな音ゲー『AKB48 ビートカーニバル』がリリースされることになり、16日に都内で発表会見が開催され、柏木由紀、横山由依、小栗有以、向井地美音、加藤玲奈、倉野尾成美、岡部麟が登場した。

 本作は、未公開映像を含む実際のライブ映像をバックにプレイすることができ、お気に入りのメンバー1人を“推しカメラ”で撮影した、撮りおろしのフォーカスムービーが楽しめるのも特徴。また、このゲームのためのオリジナル楽曲の制作、ユーザー限定のスペシャルライブの開催も発表された。

 柏木は「私、実は音ゲーマニアでして。小学生のとき、ゲームセンターで観衆を集めるくらいだった」と武勇伝を明かし、集まった報道陣を前にプレイしてみせたが、圧倒的な技量でクリア! すでに最難関の「エキスパートもクリアしてます」と余裕の表情で語っていた。

 横山は、同ゲームのためのオリジナル楽曲が楽しみなようで「私もいま(オリジナル楽曲制作の事実を)聞いたんですが、どのメンバーでどんな曲を歌わせてもらえるのか楽しみです」と期待を口にした。

 先日、俳優・勝地涼との結婚を発表したグループOGの前田敦子について尋ねられると柏木は「すごくうれしいお知らせでした」と語ったが、直接のメールなどでの祝福については「死ぬほどいろんな人から(祝福が)来ていると思って、結局送れずじまいで…」と苦笑。

 また、NMB48・山本彩の卒業に関して横山は「寂しさはあるけど、彩ちゃんは常にグループのことを考えて行動していたので、これから本人のことだけを考えられるようになると思うとホッとしたし、背中を押してあげたい」とエール。柏木は、山本卒業に際し、秋元康プロデューサーから「指原と柏木のババアコンビで頑張れ」とネタにされたことに「27歳でババア扱いは腑に落ちない!」と抗議しつつ「“お局ババア”としてさっしーと図太く頑張ります!」と力強く宣言した。

関連記事(外部サイト)