北川景子主演『家売るオンナ』新作1月開始 オリジナルキャスト再集結

『家売るオンナの逆襲』1月放送 北川景子、仲村トオル、工藤阿須加、千葉雄大ら出演

記事まとめ

  • 北川景子主演の日本テレビ系ドラマ『家売るオンナの逆襲』が19年1月から放送される
  • 2年ぶりに連続ドラマで復活する本作には仲村トオル、工藤阿須加、千葉雄大らも出演
  • 本作では主人公の三軒家万智(北川)と課長の屋代(仲村)が結婚し、夫婦になっている

北川景子主演『家売るオンナ』新作1月開始 オリジナルキャスト再集結

北川景子主演『家売るオンナ』新作1月開始 オリジナルキャスト再集結

1月期水曜ドラマ『家売るオンナの逆襲』に出演する北川景子(C)日本テレビ

 女優の北川景子が主演を務め、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』の新シリーズ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)が、2019年1月からスタートする。三度、ヒロインを演じることになった北川は「テーコー不動産の皆さんと、平成最後に大暴れしたいと思います」と語っている。

 本作は、伝説の不動産屋・三軒家万智を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿を描いたコメディドラマの最新作。2016年に放送された第1シリーズは、台湾、シンガポール、タイなどでも放送され、中国ではリメイクが決定するなど、その人気はアジア各国にも広がっている。

 2年ぶりに連続ドラマとして復活する本作では、北川演じる万智と、課長の屋代(仲村トオル)が結婚し、夫婦になっていることが明らかに。さらにテーコー不動産の庭野(工藤阿須加)や足立(千葉雄大)といったおなじみのキャラクターの姿も描かれる。

 万智を演じる北川は「オリジナルドラマで続編が作られるなんて、今回のお話をいただきとても嬉しかったです」と喜びをあらわにすると「キャストの皆さんもオリジナルメンバーが集まってくださるということで、感謝感激です」とコメント。さらに「今回も驚きの方法で家を売って売って、売りまくります」と決意表明すると、続けて「ただでさえキョーレツなキャラクターなのに、『家売るオンナの逆襲』というキョーレツなタイトルです。一体どんなことになってしまうのか、一緒に見届けてください」とファンにメッセージを贈った。

 ドラマ『家売るオンナの逆襲』は、日本テレビ系にて2019年1月より毎週水曜22時放送。

関連記事(外部サイト)