【映画ランキング】『プーと大人になった僕』がV2! 有村架純主演作は2位発進

全国映画動員ランキングで『プーと大人になった僕』が2週連続首位の座に輝く

記事まとめ

  • 『プーと大人になった僕』が全国映画動員ランキングで2週連続の首位となった
  • 2位には有村架純主演の『コーヒーが冷めないうちに』がランクインした
  • 7位には公開14週目の『カメラを止めるな!』が入り、好調をキープしている

【映画ランキング】『プーと大人になった僕』がV2! 有村架純主演作は2位発進

【映画ランキング】『プーと大人になった僕』がV2! 有村架純主演作は2位発進

9月22日〜9月23日全国映画動員ランキング1位:『プーと大人になった僕』(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

 9月22〜23日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され『プーと大人になった僕』が、週末土日動員18万5000人、興収2億5600万円をあげ、2週連続首位の座に輝いた。9月24日までの累計は動員91万人、興収12億円を突破している。

 2位は、有村架純主演の『コーヒーが冷めないうちに』が初週土日動員15万6000人、興収2億300万円をあげ、初登場ランクイン。9月21日の初日からの4日間で動員29万5000人、興収3億7400万円というオープニングの数字だった。3位は、週末土日動員7万5000人、興収1億1900万円をあげた『MEG ザ・モンスター』がワンランクダウンしたものの好位置をキープ。累計では動員78万人、興収は12億円を突破した。

 4位は『銀魂2 掟は破るためにこそある』が、先週の5位からワンランクアップ。累計では動員260万人、興収34億円を突破し、前作の38.4億円が見えてきた。5位は公開5週目の『検察側の罪人』。累計で208万人、興収26億円を超えた。

 6位は、先週3位スタートだった『ザ・プレデター』が3ランクダウン。7位は公開14週目を迎えた『カメラを止めるな!』が依然好調をキープ。累計では動員166万人、興収23億円を突破。上映館数も増えており、まだまだ数字を伸ばしそうだ。

 そのほか、『ジュラシック・ワールド』などを手掛けたレジェンダリー・ピクチャーズの最新作『スカイスクレイパー』が初登場8位スタートとなった。

 9月22日〜9月23日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:プーと大人になった僕
第2位:コーヒーが冷めないうちに
第3位:MEG ザ・モンスター
第4位:銀魂2 掟は破るためにこそある
第5位:検察側の罪人
第6位:ザ・プレデター
第7位:カメラを止めるな!
第8位:スカイスクレイパー
第9位:響 ‐HIBIKI‐
第10位:アントマン&ワスプ

関連記事(外部サイト)