インスタ女王セレーナ・ゴメス、SNS一時休止 欲しいのは優しさと励まし

インスタ女王セレーナ・ゴメス、SNS一時休止 欲しいのは優しさと励まし

SNS休止宣言を行ったセレーナ・ゴメス(C)AFLO

 フォロワー数1億4300万人以上を誇るインスタグラムの女王、歌手のセレーナ・ゴメスが自身のインスタグラムで、“再び”ソーシャルメディアをひと休みすることをファンに報告した。セレーナは2016年に難病ループス(全身性エリテマトーデス)の治療に専念するため、SNSを含む活動を休止していた時期があった。

 笑顔で鏡に向かっている写真を投稿したセレーナ。「今の気分、爆笑。(バカみたいに自分の姿を鏡で見ている私)」とコメントし、「更新。ソーシャルメディアをひと休みするわ。再びね。ソーシャルメディアを通じて発信できることに感謝しているけど、ちょっと距離を置いて自分に与えられた人生の今、その瞬間を生きることに同じくらい感謝しているの」と心境を告白。「ほんの少しの間、優しさと励ましを! 覚えておいて、ネガティブなコメントは人の心を傷つける。言うまでもないけどね」と意味深なメッセージを残している。

 セレーナがSNSから遠ざかることにした直接の理由は不明。セレーナは休止宣言する以前も、定期的に写真や動画を投稿してファンと交流を図り、情報発信をしていた。

 しばらく自分の時間に集中したいというセレーナに対して、ファンからは「本当のファンなら、あなたの帰りを待っているわ」「あなたがこれからすばらしい日々を迎えられるように祈ってる。このお休みがあって当然よ」「大好き。必要なだけ時間を使って」といった応援コメントが届いている。

関連記事(外部サイト)