『新感染』ハリウッドリメイク、J・ワンが製作 大手スタジオが争奪戦

『新感染』リメイクで争奪戦 製作は『ソウ』や『死霊館』のジェームズ・ワン氏が担当

記事まとめ

  • 韓国映画『新感染』の米リメイクをめぐり大手スタジオが争奪戦を繰り広げているという
  • 本作にはユン・ユ、チョン・ユミらが出演し、ハリウッドリメイク版のキャストは不明
  • 製作は、『ソウ』や『死霊館』などのヒット作を生んだジェームズ・ワン氏が担当する

『新感染』ハリウッドリメイク、J・ワンが製作 大手スタジオが争奪戦

『新感染』ハリウッドリメイク、J・ワンが製作 大手スタジオが争奪戦

『新感染 ファイナル・エクスプレス』ハリウッドリメイクはジェームズ・ワンが製作(※『新感染 ファイナル・エクスプレス』場面写真)(C) AFLO

 韓国発パニックアクション・ホラー『新感染 ファイナル・エクスプレス』がハリウッドでリメイクされることが決定したが、米ニュー・ライン・シネマやパラマウント・ピクチャーズ、ユニバーサル・ピクチャーズ、ライオンズゲートなどの大手スタジオが争奪戦を繰り広げているという。リメイク版の製作は、映画ソウ』や『死霊館』のヒットホラーシリーズを生んだジェームズ・ワンが担当する。

 Deadlineによると、ユニバーサル・ピクチャーズが早々に脱落し、ニュー・ライン・シネマに軍配が上がりそうとのこと。ほかにはスクリーン・ジェムズが名乗りを上げていたという。

 日本でも大ヒットしたオリジナル版『新感染 ファイナル・エクスプレス』。時速300キロで走るソウル発プサン行き高速列車という密閉空間で、謎の感染症が蔓延。凶暴化する感染者に襲われる恐怖の中、感染していない乗客の壮絶なサバイバルが始まる。ユン・ユやチョン・ユミらが出演した。

 ハリウッドリメイク版のキャストは不明。ジェームズはプロデューサーとして名を連ねるが、監督は決まっていない模様だ。脚本は、映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』や、ジェームズ製作のホラー『死霊館のシスター』で脚本を担当したゲイリー・ドーベルマンが執筆する。

関連記事(外部サイト)