『ヴェロニカ・マーズ』新リミテッドシリーズ、復活キャストが発表

『ヴェロニカ・マーズ』Huluで復活 クリステン・ベル、ジェイソン・ドーリングら出演

記事まとめ

  • クリステン・ベル主演『ヴェロニカ・マーズ』がHuluのミニシリーズでの復活が決定した
  • ジェイソン・ドーリング、フランシス・キャプラ、パーシー・ダッグズ三世らが出演予定
  • クリステンは主演とともに、ロブ・トーマス氏らと製作総指揮に名を連ねている

『ヴェロニカ・マーズ』新リミテッドシリーズ、復活キャストが発表

『ヴェロニカ・マーズ』新リミテッドシリーズ、復活キャストが発表

『ヴェロニカ・マーズ』新ミニシリーズにオリジナル・キャストが再出演(※『ヴェロニカ・マーズ』シーズン2の場面写真より)(C)AFLO

 2004年から2007年の3シーズンにわたり、全米放送された女優クリステン・ベル主演の学園ミステリー海外ドラマ『ヴェロニカ・マーズ』。2014年の映画版『ヴェロニカ・マーズ [ザ・ムービー]』に続き、Huluのミニシリーズで復活することが決定。企画・製作総指揮を務めるロブ・トーマスが、ファンには嬉しい顔なじみの復活キャストを発表した。

 トーマスは自身のツイッターで「現時点でヴェロニカ・マーズ・シリーズに出演が決まった面子はこちら。(誓って言うけど、もっと増えるよ)。ジェイソン・ドーリング、フランシス・キャプラ、パーシー・ダッグズ三世、デヴィッド・スターズィック、そしてもちろんクリステン・ベル」と、ローガン役のジェイソン、イーライ役のフランシス、ウォレス役のパーシーのオリジナルシリーズの番宣写真を添えて発表した。

 映画版に登場しなかったデヴィッドは、ライアン・ハンセン演じるディックの父親リチャード・カサブランカ役でドラマ版にゲスト出演している。

 Comingsoon.netによると、8話構成のミニシリーズとなる新『ヴェロニカ・マーズ』は、再びヴェロニカ(クリステン)の故郷ネプチューンが舞台になるという。春休みで遊びに来ていた学生たちの殺人事件が起き、被害者の親に雇われたマーズ探偵事務所のヴェロニカが捜査に乗り出す展開になるという。

 クリステンは主演と共に、トーマスらと製作総指揮に名を連ねる。トーマスは第1話の脚本も執筆する予定。

関連記事(外部サイト)