“元同期”佐々木蔵之介&ますおか増田、『黄昏流星群』でドラマ初共演

“元同期”佐々木蔵之介&ますおか増田、『黄昏流星群』でドラマ初共演

『黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜』に出演する増田英彦(C)フジテレビ

 佐々木蔵之介主演の秋ドラマ『黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に、ますだおかだの増田英彦とヒャダインが出演することが分かった。芸人になる前、佐々木と同じ会社でサラリーマンをしていた経験を持つ増田は、「25年振りの同僚。“いつか佐々木とサラリーマン役で共演できたらなぁ…ドラマかCMで(広告代理店で働いてたので)”とずっと思っていたので、“ホンマに来た!”と感激しています」と喜んでいる。

 同作は、人生の岐路に立つ大人の男女が、黄昏の空にきらめく流星のように最後の輝きを模索するラブストーリー。増田が演じるのは、主人公・瀧沢完治の若葉銀行時代の同期・横尾博。エリート街道を歩いてきた瀧沢とは逆に、2度も出向を経験している苦労人だ。

 増田は「今回僕の役名が“横尾”。実は僕らの会社員時代に横尾という同期がいたので、その奇遇に蔵之介と台本見てビックリしていました。去年の同期会でも会ったその横尾君はまだ黄昏(たそがれ)ずに会社でバリバリ頑張っていますけど(笑)」と驚きのエピソードを明かし、「蔵之介が演じる瀧沢と会社の玄関で会うシーン…25年前に大阪の会社で普通にあった光景がフジテレビのドラマとして流れるって不思議です。しかも僕は大阪弁なのであの時とそのまま! もし脱サラしなければ…そんな25年後の僕と佐々木がそこにいます」と感慨深げに語った。

 一方、音楽クリエイターとして活躍するヒャダインは、「今回イケイケなIT社長役で現場にお邪魔させていただきました! びっくりするほど陽気な現場で楽しくさせてもらいました。合間で佐々木蔵之介さんと関西弁で世間話したことを実家の母親に自慢してやろうと思います」とコメント。続けて、「演じた大野はイケイケでなんか癖があるけど信念はある人で、そこらへんはヘラヘラしてる僕と少し似ていたりするのかなとも思っています。果実は腐る前ほど美味(おい)しいといいます。熟年世代の命の煌(きらめ)き、ぜひドラマで見届けてください!」とアピールしている。

 新ドラマ『黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜』は、フジテレビ系にて10月11日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

関連記事(外部サイト)