レイチェル・ワイズ&ダニエル・クレイグ、第1子の女児が誕生

レイチェル・ワイズ&ダニエル・クレイグ、第1子の女児が誕生

第1子の女児が誕生したというダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズ夫妻(C)AFLO

 今年4月に妊娠していることが明らかになった女優のレイチェル・ワイズ。夫で俳優のダニエル・クレイグとの間の第1子である女児が誕生したと、PeopleやUs Weeklyなどの海外メディアが報じた。

 赤ちゃんの名前や明確な出産時期は不明だが、Mail Onlineによると、女児は9月初めに誕生したとのことだ。本人や代理人からもコメントは出ていないという。レイチェルは出演作『女王陛下のお気に入り』が8月末にベネチア国際映画祭でプレミア上映されたが、映画祭には欠席していた。

 レイチェルとダニエルは現地時間26日、ニューヨークで女児を連れて散歩している姿を目撃されたという。Mail Onlineに掲載されている写真には、野球帽にTシャツ、ジーンズというカジュアルな出で立ちのダニエルが、赤ちゃん用カーシートを持って歩いている姿が写っている。カーシートにはブランケットがかかっており、赤ちゃんの姿はパパラッチから見えないようになっているが、シートとブランケットの隙間から小さな手が写っている写真があった。

 現在48歳のレイチェルと50歳のダニエルは2011年に結婚。レイチェルは以前の交際相手である映画監督ダーレン・アロノフスキーとの間に11歳の息子ヘンリーくん、ダニエルは前妻の女優フィオナ・ロードンとの間に25歳の娘エラさんがいる。

関連記事(外部サイト)