草なぎ剛が父親を演じる映画『まく子』特報解禁

草なぎ剛が父役『まく子』特報解禁 直木賞作家・西加奈子氏原作で須藤理彩ら出演

記事まとめ

  • 草なぎ剛ら出演、直木賞作家・西加奈子氏原作の映画『まく子』から特報が解禁された
  • 本作は思春期の少年の成長を描いたヒューマンドラマで山崎光、新音、須藤理彩も出演
  • 特報は、山崎の「大人の男は嫌い」というセリフから草なぎらの姿が映し出されていく

草なぎ剛が父親を演じる映画『まく子』特報解禁

草なぎ剛が父親を演じる映画『まく子』特報解禁

映画『まく子』場面写真(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

 草なぎ剛らが出演し、直木賞作家・西加奈子の小説を実写化した映画『まく子』から特報が解禁。特報では、子どもと大人の狭間にいる主人公をはじめ、草なぎ演じる主人公の父親の姿が描かれている。

 本作は、思春期の少年の成長を描いた西による同名小説を映画化したヒューマンドラマ。主人公は、小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧(山崎光)。不思議な魅力をもつ美少女転入生のコズエ(新音)と出会った慧は、彼女に秘められた大きな秘密を知ることで、ほんの少しだけ大人へと近づいていく。草なぎは慧の父・光一に扮し、慧の母・明美役で須藤理彩も出演する。

 このたび解禁された特報映像は、山崎演じる主人公・慧の「大人の男は嫌い。うちの父ちゃんなんて最低だ」というセリフからスタート。そこから草なぎ演じる光一や、謎の美少女転校生・コズエ、主人公の母・明美の姿が瑞々しい映像で映し出される。さらに映像の中では「信じること、与えること、受け入れること、そして、変わっていくこと」という本作を象徴するメッセージがナレーションと紹介される。

 そして特報のラストは、コズエが慧の耳元で囁く衝撃的なセリフで締められ、物語のキーパーソンでもあるコズエの存在を強く印象づける映像に仕上がっている。

 映画『まく子』は、2019年3月全国公開。

関連記事(外部サイト)