『まんぷく』第1週、姉の結婚式の準備に奔走する福子は運命の出会いを

安藤サクラ主演のNHK連続テレビ小説『まんぷく』、10月1日からついにスタート

記事まとめ

  • 安藤サクラ主演のNHK連続テレビ小説『まんぷく』が10月1日からスタートする
  • 第1週の舞台は昭和13年の大阪で、ヒロイン・今井福子はホテルで働いていた
  • 福子は姉の結婚式準備に奔走する中、将来の夫である立花萬平(長谷川博己)と出会う

『まんぷく』第1週、姉の結婚式の準備に奔走する福子は運命の出会いを

『まんぷく』第1週、姉の結婚式の準備に奔走する福子は運命の出会いを

『まんぷく』第1週「結婚はまだまだ先!」(C)NHK

 NHK連続テレビ小説第99作『まんぷく』が10月1日からいよいよスタートする。インスタントラーメンを生み出した夫婦の知られざる物語を描いた本作。何度も失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を繰り返した末、世紀の大発明へとたどり着く、人生大逆転の成功物語となっている。

 第1週「結婚はまだまだ先!」の舞台は昭和13年の大阪。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱいに受けておおらかに育ったヒロイン・今井福子(安藤サクラ)は、女学校卒業後、ホテルで電話交換手として働き始める。

 父を早くに亡くし、家計を支えてきた長女・咲(内田有紀)の結婚が間近に迫ったある日、母の鈴(松坂慶子)が突然の腹痛を訴え、福子は鈴の病状に振り回されることに。

 そんななか、福子は咲のために結婚式で特別な出し物を用意したいと考え、写真をスクリーンに映し出せる新型の幻灯機の噂を耳にする。幻灯機を開発している工房を訪れた福子は、立花萬平(長谷川博己)と出会う。のちに福子の夫となり、20年後、世紀の大発明を共に成し遂げる運命の相手だった…。

 NHK連続テレビ小説『まんぷく』は、総合テレビにて月曜〜土曜8時放送。

関連記事(外部サイト)