『西郷どん』37話、天璋院と再会した吉之助 江戸城脱出を促すも…

鈴木亮平、北川景子、遠藤憲一、南野陽子ら出演『西郷どん』第37話の見どころ紹介

記事まとめ

  • 鈴木亮平主演のNHK大河ドラマ『西郷どん』の37話「江戸無血開城」が30日に放送される
  • 37話では、吉之助(鈴木)から逃亡の忠告を受けた天璋院(北川景子)が自決の覚悟を示す
  • また、勝安房守(遠藤憲一)に江戸城総攻撃の中止を求められ、吉之助は決断を迫られる

『西郷どん』37話、天璋院と再会した吉之助 江戸城脱出を促すも…

『西郷どん』37話、天璋院と再会した吉之助 江戸城脱出を促すも…

『西郷どん』第37回「江戸無血開城」(C)NHK

 NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週放送の第37話「江戸無血開城」では、江戸城総攻撃を前に、吉之助(鈴木亮平)は幾島(南野陽子)の手引きで秘密裏に天璋院(北川景子)との対面を果たす。吉之助は、天璋院に江戸城から逃げるように忠告するが…。

 天璋院は吉之助の忠告に対して、徳川の名にかけて戦うと答え、自ら自決する覚悟だと迫る。

 そして、江戸城総攻撃の前日、吉之助は勝安房守(遠藤憲一)と薩摩藩邸で対面する。江戸の民を救うために総攻撃を中止することを求める勝に対して、吉之助は大きな決断を迫られる。

 江戸城総攻撃について鈴木は「そこに至るまでに、吉之助は3人と対談します。天璋院さま、勝先生、そして徳川慶喜公。三者三様の言葉を受けて、受けて、受けて、いかに相手の言葉を自分の胸に響かせることができるのか?をテーマに演じました。吉之助のいいところであり、悪いところでもありますが、“目の前の人に共感する人間性”が大きく影響します」と語っている。

 先週放送の第36話「慶喜の首」では、新政府軍と旧幕府軍による「鳥羽伏見の戦い」が始まった。「錦の御旗」により新政府軍が一気に優勢となり、慶喜は味方の兵を置き去りにして、ひそかに大坂城を抜け出し江戸へ逃亡する。海で嵐に見舞われるもなんとか江戸に戻った慶喜は、勝からその失態を責められる。吉之助は慶喜追討の勅命を受け兵を江戸へ進め、官軍の江戸城総攻撃を3月15日に決めていた。勝はそれを迎え撃つ秘策を慶喜に伝えるが、日本の将来を思い戦を続ける気はないという慶喜の気持ちを確認し、旧幕臣の山岡(藤本隆宏)を駿府の吉之助の元に派遣。勝の願いを受けても進軍を止めないという吉之助を前に、山岡は切腹を試みようとするが、その覚悟に触れた西郷は、勝に会うことを約束する。東へ進む兵をいったんとどめ、吉之助は先に江戸に入り、そこで幾島と再会。そして天璋院と呼ばれる篤姫と12年ぶりに再会を果たす、という内容だった。

 NHK大河ドラマ『西郷どん』第37話「江戸無血開城」はNHK BSプレミアムにて9月30日18時、総合テレビにて20時放送。

関連記事(外部サイト)