成田凌、周防正行監督最新作に主演 ヒロインに黒島結菜

成田凌、周防正行監督の最新作『カツベン!(仮)』で主演 ヒロインは黒島結菜に決定

記事まとめ

  • 成田凌が周防正行監督の最新作映画で主演を務め、黒島結菜がヒロインを演じる
  • 本作は活動弁士を夢見る青年(成田)と小さな町の映画館をめぐるエンタメストーリー
  • 成田と黒島のほか、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊らが出演する

成田凌、周防正行監督最新作に主演 ヒロインに黒島結菜

成田凌、周防正行監督最新作に主演 ヒロインに黒島結菜

『カツベン!(仮)』キャスト 東映京都撮影所にて(C)「2019カツベン!(仮)」製作委員会

 周防正行監督の最新作となる映画『カツベン!(仮)』で、俳優の成田凌が主演を務め、黒島結菜がヒロインを演じることが明らかになった。映画初主演となる成田は「錚々たる方々がいる中で、主演という形で携わらせていただきますが、主演だからと変に気構えることなく、監督を信じ、共演者の方々を信じて一生懸命やっていきたいです」と意気込みを明かしている。

 本作は、今からおよそ100年前を舞台に、活動弁士を夢見る青年(成田)が、とある小さな町の映画館に流れついたことからすべてが始まるノンストップエンターテインメント。超満員の映画館、隣町のライバル映画館、再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察までもを巻き込み、やがて事態は誰もが予想もしなかった展開へ…。キャストには成田と黒島のほか、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊のほか、周防監督作品ではお馴染みの竹中直人、渡辺えり、小日向文世も名を連ねる。

 本作で映画初主演となる成田は、役柄について「活動弁士に憧れる青年で、真っ直ぐに、素直に、でもやんちゃな部分も持ちつつ、愛するものに突き進んでいく役です」とコメント。また「映画初主演を周防組で行えるということで、この世界にいる人間としては誰もが羨むようなことだと思っており、もちろんプレッシャーも感じておりますが、何より安心感と信頼があるので、何があっても、這いつくばってでも真ん中に立っていようと思っています」と話している。

 一方、ヒロインを演じる黒島は、自身の役どころについて「女優に憧れる女性で、非常に素直で純粋で、小さい頃に活動写真というものを見て、女優になりたいと思う一途な女の子です」と紹介。「今回オーディションで選んでいただいて、なんで私なんだろうという不思議な気持ちがあったのですが、素直に嬉しいです。あまりオーディションで受かることが今までなかったので(笑)」と明かしつつ「みなさんと良い作品を作っていけるというのは、今後の私の女優人生の中でも非常に貴重な経験になると思うので、撮影を頑張りたいなと思っています」と意気込みを語った。

 映画『カツベン!(仮)』は2019年12月全国公開。

関連記事(外部サイト)