新垣結衣が足湯でリラックス “意外な一面“も明かす電子雑誌「旅色」

新垣結衣が足湯でリラックス “意外な一面“も明かす電子雑誌「旅色」

新垣結衣が表紙・巻頭を飾る電子雑誌「旅色」10月号より写真提供:株式会社ブランジスタ

 女優の新垣結衣が、無料の電子雑誌「旅色」10月号の表紙と巻頭インタビューに登場。ナチュラルな表情で表紙を飾った新垣は、足湯で羽根を伸ばすなど山形県・赤湯(あかゆ)の旅を堪能している。

 本号では表紙と巻頭に新垣を迎え、山形県・赤湯の町を特集。のどかな田園が広がり、童話や民話の記念館が建つ赤湯の町。少し懐かしい気持ちになる旅で、新垣のリラックスした表情を写し出している。

 出演する映画『劇場版 コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命−』が公開中で、10月からは俳優の松田龍平とダブル主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)がスタートし、多忙を極める新垣。今回の特集では、旅をするならゆっくり温泉に入って癒やされたいという新垣のリラックスした表情が写し出されている。インタビューでは、漬物にハマっているという意外な一面も披露している。

 その他にも、リレー連載「旅する理由」はミュージシャンで俳優のブラザー・トムが担当。今回は、トムが「一番古い旅の記憶」だという母親で2人で向かった北海道の旅についてつづっている。

 新垣結衣が表紙を務める電子雑誌「旅色」は、株式会社ブランジスタより公式サイトにて配信中。

関連記事(外部サイト)