三代目JSB・山下健二郎、子役のサプライズに感激「泣きそう」

三代目JSB・山下健二郎、子役のサプライズに感激「泣きそう」

『DTC ‐湯けむり純情篇‐ from HiGH&LOW』公開記念舞台挨拶の様子 クランクイン!

 三代目J Soul Brothersの山下健二郎が、佐藤寛太(劇団EXILE)、佐藤大樹(EXILE兼FANTASTICS)と共に29日、都内で開催された『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』公開記念舞台挨拶に出席。子役の新井美羽が山下にサプライズで感謝の手紙を読み上げ、山下がその可愛さにデレデレになる一幕があった。

 総合エンタテインメント・プロジェクト『HiGH&LOW』シリーズ最新スピンオフ作品となる本作は、山王連合会のダン(山下)、テッツ(佐藤寛太)、チハル(佐藤大樹)の“DTC”のバイク旅を描いた青春ドラマ。イベントには、八木将康(劇団EXILE)、天野浩成、笛木優子、廣瀬智紀、西川俊介、西村一輝、水野勝(BOYS AND MEN)、田中俊介(BOYS AND MEN)、守屋光治、井澤勇貴、立木文彦、平沼紀久監督も出席した。

 山下は公開を迎えて、「DTCのグループはかなり前からあって、ドラマになって、いつか映画をやりたいねってみんなで話してた。それが言霊になって、こうやってできたので3人とも心からうれしいです」と明かし、佐藤大樹も笑顔で「最高です!」と叫んだ。

 続けて司会者から「DTCをかわいいなと思いながら、好きになる作品ですね」と話をふられると、山下は「一番かわいかったのは美羽ちゃんかな。たまらんですわ〜」と新井を見てデレ顔。佐藤寛太がすかさず「デレデレじゃないですか…」と突っ込むと、「久しぶりに会うとすげぇかわいいの」とにやけが止まらない。

 劇中では3人と新井は同じシーンが多かったらしく、待ち時間によく一緒に遊んだり、勉強を教えてもらったりしていたという。3人も新井がかわいくて仕方がないようで、新井が「踊りがすごいかっこよかった」と褒めると全員、瞬時にデレ顔に。

 中でも新井は山下のことが一番好きだったらしく、山下にサプライズで手紙のプレゼントを用意。新井が「健二郎、また遊んでね!大好き!」と感謝の思いを読み上げると、山下は「危なかった…泣きそうだった。うれしいですね」と満面の笑み。ほかの2人は「僕らには?」と残念がり、会場の笑いを誘っていた。

 『HiGH&LOW』シリーズはアクションが満載だったが、今回は一切なし。全シリーズの脚本に携わり、本作で長編映画初監督を務めた平沼監督は「今まで表現できなかったことを入れたし、今後のシリーズにどう架け橋を渡していくのかというのを考えて作った。シリーズ化して、松竹さんの正月映画の定番にしたい」と熱い思いを語った。山下も「自信を持っておすすめできる映画。大樹は11回見てるけど、それくらい見ても面白いし、新たな発見がある映画なのでぜひ足を運んで」とアピールしていた。

関連記事(外部サイト)