右京さんが“辞表”!? 『相棒17』初回SPに柄本明&とよた真帆出演

杉下右京が“辞表”か 柄本明、とよた真帆も『相棒 season17』初回拡大SP出演

記事まとめ

  • 水谷豊が主演を務めるドラマ『相棒 season17』の初回拡大スペシャルが放送される
  • 同作では水谷演じる杉下右京が捜査のために辞職をかけるという驚きの展開が描かれる
  • 同作のゲストキャストに柄本明、とよた真帆の出演も発表された

右京さんが“辞表”!? 『相棒17』初回SPに柄本明&とよた真帆出演

右京さんが“辞表”!? 『相棒17』初回SPに柄本明&とよた真帆出演

『相棒 season17』初回拡大スペシャル「ボディ」場面写真(C)テレビ朝日

 俳優の水谷豊が主演を務めるドラマ『相棒 season17』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)の初回拡大スペシャルが10月17日に放送され、水谷演じる右京が捜査のために辞職をかけるという驚きの展開が描かれる。またゲストキャストに柄本明とよた真帆の出演も発表された。

 ドラマ『相棒』は、警視庁内の窓際部署「特命係」に所属する杉下右京(水谷)が自身の相棒と共に、驚異的な推理力と洞察力で事件解決に挑んでいく刑事ドラマシリーズ。

 国家公安委員会の定例委員会に出席していた大学教授・三上冨貴江(とよた)の携帯電話に大学理事長を務める義父から着信が入る。電話に出ると、声の主は夫・鋼太郎(利重剛)で「親父を殺した」と告白する。急いで帰宅した冨貴江は、夫の犯罪によって自身の地位を失うことを恐れ、義父・鐵太郎の遺体を隠し、後妻の祥(谷村美月)に行方不明者届を出させ、すべてはうまくいくはずだった。しかし義父の死から3ヵ月後、事態は急変。特命係が捜査に駆り出される。

 10月17日に放送される初回拡大スペシャルでは、右京が辞職をかけた誓約書を提出するという驚きの展開が。これまで停職処分を言い渡されたり、懲戒免職の危機にさらされたりと、さまざまな窮地に陥ってきた右京だが、今回はかつてないほどの瀬戸際に立たされながら捜査に挑むことに。

 また初回には、国家公安委員長を務める大物政治家・鑓鞍兵衛役で柄本明が『相棒』シリーズ初登場。鑓鞍は飄々として腹の底が見えない曲者で、特命係に興味を抱いている様子。今後、特命係にどのように関わってくるのかも注目だ。さらに『season16』の最終回に登場した、とよた演じる大学教授・三上冨貴江も再登場。事件の当事者として特命係と対峙する姿が描かれる。

 ドラマ『相棒 season17』は、テレビ朝日系にて10月17日より毎週水曜21時放送。 

関連記事(外部サイト)