【映画ランキング】アニメ『劇場版 夏目友人帳』が初登場1位! 『散り椿』は3位発進

【映画動員ランキング】アニメ『劇場版 夏目友人帳』が初登場1位 3位に『散り椿』

記事まとめ

  • 9月29〜30日の全国映画動員ランキング1位は『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』
  • 2位は『プーと大人になった僕』、3位『散り椿』、4位は『コーヒーが冷めないうちに』
  • 5位はエミリー・ブラント主演『クワイエット・プレイス』7位に『カメラを止めるな!』

【映画ランキング】アニメ『劇場版 夏目友人帳』が初登場1位! 『散り椿』は3位発進

【映画ランキング】アニメ『劇場版 夏目友人帳』が初登場1位! 『散り椿』は3位発進

9月29日〜9月30日全国映画動員ランキング1位:『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

 9月29〜30日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、緑川ゆきの人気コミックを原作としたアニメを映画化した『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』が、初週土日動員11万7473人、興収1億7214万4780円をあげ初登場1位に輝いた。全国136館での数字と考えると、非常に高いスクリーンアベレージを記録したといえる。

 2位は、惜しくもV3はならなかったが、『プーと大人になった僕』が、週末土日動員11万1000人、興収1億5500万円をあげランクイン。累計では動員115万人、興収15億円まで数字を伸ばしている。

 3位は、名カメラマン木村大作が3度目のメガホンをとった『散り椿』が、初週土日動員9万2000人、興収1億800万円をあげ初登場でランクイン。

 そのほか、初登場組は、エミリー・ブラントが主演を務めるサスペンスホラー『クワイエット・プレイス』が5位、『HiGH&LOW』シリーズのスピンオフ作品『DTC ‐湯けむり純情篇‐ from HiGH&LOW』が9位にランクインした。

 既存作品では、公開15週目の『カメラを止めるな!』が7位、公開7週目の『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8位、公開6週目の『検察側の罪人』が10位。それぞれ累計で『カメラを〜』が動員173万人、興収24億円、『銀魂2〜』が動員260万人、興収35億円弱、『検察側〜』が動員216万人、興収27億円という数字を残している。

 9月29日〜9月30日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜
第2位:プーと大人になった僕
第3位:散り椿
第4位:コーヒーが冷めないうちに
第5位:クワイエット・プレイス
第6位:MEG ザ・モンスター
第7位:カメラを止めるな!
第8位:銀魂2 掟は破るためにこそある
第9位:DTC ‐湯けむり純情篇‐ from HiGH&LOW
第10位:検察側の罪人

関連記事(外部サイト)