レディー・ガガ、キャリア初期に鼻の整形を勧められ断固拒否

レディー・ガガ、キャリア初期に鼻の整形を勧められ断固拒否

鼻の整形はしないというレディー・ガガ(C) AFLO

 初の主演映画『アリー/スター誕生』で演技力を評価されている歌手のレディー・ガガ。音楽のキャリアを始めた頃に、鼻を整形するよう言われたが、「自分らしくいたかった」ため拒否したという。

 英ロンドンでのプレミアに出席したレディー・ガガ。レッドカーペットでSky Newsのインタビューに応じ、「駆け出しの頃、鼻の整形をするよう言われたけど、しなかった。自分らしくいたかったからよ」とコメントしたという。

 「私は自分を信じて、音楽業界に飛び込んだわ」と話したレディー・ガガ。「様々な障害を叩きつぶすつもりだった。私にはそういう果敢なところがあった」と当時を振り返っている。

 1937年の『スタア誕生』から4度目の映画化となる『アリー/スター誕生』。役を演じる上で自身の駆け出しの頃の実体験を生かしたという彼女だが、演じるアリーには自信がないと分析。自分のルックスに自信のないアリーの心の不安を演じたことは「貴重な経験だった」と、大役を務め上げたことで新たな自信を得たようだ。

関連記事(外部サイト)