リリー・ジェームズ、ヒッチコック『レベッカ』再映画化でA・ハマーと共演

リリー・ジェームズ、ヒッチコック『レベッカ』再映画化でA・ハマーと共演

ゴシックロマンス『レベッカ』再映画化でヒロインを演じるリリー・ジェームズ(C) AFLO

 映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』や『シンデレラ』の女優リリー・ジェームズが、1940年にアルフレド・ヒッチコック監督によって映画化された『レベッカ』の再映画化に出演するという。

 ゴシックロマンスの金字塔、ダフネ・デュ・モーリア原作の『レベッカ』は、旅先で裕福なイギリス人男性マキシムと出会ったヒロインが、彼と結婚してイギリスにある邸宅に移り住むものの、事故死したマキシムの前妻レベッカの見えない影に追い詰められていくというストーリーだ。

 The Wrapによると、共演はアーミー・ハマー。リリーがヒロイン、アーミーがマキシムを演じると思われる。監督は映画『ハイ・ライズ』のベン・ウィートリーが務める。アーミーはウィートリー監督の2016年作『フリー・ファイヤー』に出演している。映画『キングスマン』シリーズのジェーン・ゴールドマンが、脚本を執筆する。原作に忠実な映画化なのか、現代に置き換えた脚色になるのか、詳細は不明だ。

 Netflixのもと、ワーキング・タイトルが製作するという。

関連記事(外部サイト)