尼神インター・誠子が“美女”役、新川優愛が“ブス”役 W主演の異色ドラマ放送

尼神インター・誠子が美女役、新川優愛がブス役に ドラマ『ブスだってILOVEYOU』

記事まとめ

  • 尼神インターの誠子と新川優愛が、年の瀬ドラマ『ブスだってILOVEYOU』でW主演
  • ドラマ初主演となる誠子が美女役、新川がブス役となる異色のシンデレラストーリー
  • 元芸人で現在は劇団『TAIYO MAGIC FILM』の主宰を務める西条みつとし氏が監督に

尼神インター・誠子が“美女”役、新川優愛が“ブス”役 W主演の異色ドラマ放送

尼神インター・誠子が“美女”役、新川優愛が“ブス”役 W主演の異色ドラマ放送

(左から)『ブスだってILOVEYOU』に出演する尼神インター・誠子×新川優愛(C)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

 尼神インターの誠子と女優の新川優愛が、年の瀬ドラマ『ブスだってILOVEYOU』(テレビ朝日/12月27日24時20分)でダブル主演を務めることが発表された。ドラマ初主演となる誠子がまさかの“美女”役、そして新川がなぜか“ブス”役となり、異色のシンデレラストーリーを熱演する。

 若手クリエイターたちとテレビ朝日がタッグを組んだ平成最後の「年の瀬ドラマ」が、2夜連続で放送される。本作はその第1夜を飾るもので、元芸人で現在は劇団『TAIYO MAGIC FILM』の主宰を務めるクリエイター・西条みつとしが監督を務め、「美的感覚が真逆になった世界」をテーマに、“ブサイクたちの、シンデレラの様なシンデレラじゃない物語”を展開する。

 美容室で働く川端陽菜乃(誠子)は、ブスで異性からモテないことに悩んでおり、美人で周りから愛される24歳の町田美里(新川)にコンプレックスを抱いていた。陽菜乃は一念発起し、整形手術を受けることを決意。ところが医療ミスによって昏睡状態に陥り、顔も元のままだった。落ち込む陽菜乃だったが、目覚めた世界は価値観が逆転しており、陽菜乃はブスのままでも突然“美女側”の対応をされるように。トントン拍子に陽菜乃の人生は軌道に乗り始めるのだが…。

 誠子は「美人役かな? と思ったらブス役だったのでビックリしました。ドラマが大好きなので、オファーが来たことが嬉しいです。ブス役という事なので、ブスの役作りをしなくちゃ! 撮影では新川さんと誠子、どっちが美人役をやっているんだろう? と観ている方が混乱しないようにしっかりとブス役を演じたいと思います」と初主演の意気込みを語る。

 容姿・性格・スタイルの3拍子そろった完璧美女なのに、ある日突然ブス扱いされてしまう美里を演じる新川は、「世界の美的感覚が変わることで『得るもの』『失うもの』。そしてたとえ『美人』と言われようが『ブス』と言われようが、忘れてはいけない大切な何か。色々な気持ちを味わっていける作品になると思います。『容姿』を通して、いろいろな『心』の大切さを感じていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せている。

 年の瀬ドラマ『ブスだってILOVEYOU』は、テレビ朝日にて12月27日24時20分放送。

関連記事(外部サイト)