ロメロ監督追悼『マーティン/呪われた吸血少年』 声優陣熱演! アフレコ現場に潜入

ロメロ監督追悼『マーティン/呪われた吸血少年』 声優陣熱演! アフレコ現場に潜入

ロメロ監督追悼企画『マーティン/呪われた吸血少年』豪華声優陣による吹き替え版を制作!(C) 1977 MKR Group Inc.

 ホラー映画界の巨匠で、2017年7月に他界したジョージ・A・ロメロ監督。初期の傑作として名高い『マーティン/呪われた吸血少年』(1977)の初のブルーレイ化に伴い、日本語吹き替え版に豪華声優陣が集った。実はこれ、出演声優を充実させるためのクラウドファンディング・プロジェクトが立ち上がり、ファンからの熱い支援があってこそ、可能となったもの。そこで本作のアフレコ現場に潜入し、吸血少年のドラマにどのように息が吹き込まれたのかを目撃するとともに、川本克彦、玄田哲章、潘めぐみに“吹き替えへの想い”も語ってもらった。

 本作は、生き血を欲する少年・マーティンを主人公とした物語。彼の吸血行為を知っている老人・クーダが監視する中、凶行を続けるマーティンの姿を描く。ロメロ監督自身「自分の作品群の中で最も気に入っている」と公言している作品で、そんな監督を追悼するためにも「最高の吹き替え版を作りたい!」との思いから、一流の制作スタッフ・声優陣が結集して作品に臨む“凄ワザ吹替えプロジェクト”の第4弾として本作の吹き替え版制作がスタート。クラウドファンディングによりサポーターを募り、支援額に応じて出演声優が決まるというスペシャルな企画となった。

 当初から決まっていた声優陣は、クーダ役の玄田哲章、その孫娘・クリスティーン役の潘めぐみ、マーティンと心を通わせていくサンティーニ夫人役の深見梨加の3人。クラウドファンディングで支援が集まったおかげで、マーティン役に川本克彦、ロメロ監督自身が扮したハワード神父役に大塚明夫、アーサー役として江原正士が参戦。なんともゴージャスな顔ぶれがそろった。

 記者が訪れたのは、川本、玄田、潘、江原によるアフレコ日。マイク前に立った川本は、年齢も正体も不明なミステリアスな青年・マーティンを熱演。不安定な心の揺れ、彼の痛みまで伝わってくる名演に息を飲む。潘の演じるクリスティーンは、祖父の前では厳しさ、マーティンには優しさを見せる女性で、クーダとのケンカシーンは迫力も満点。これには、初共演となった川本も「潘さんは小柄なのに、ものすごく声量があって伸びのある声をされている。びっくりしました」と驚きを隠せない。

 ベテラン声優の玄田のアフレコ第一声は、マーティンに投げかける「ノスフェラトゥ(悪魔め)」との言葉。現場がざわつくほどの重厚な声が響き渡り、作品の重みもグッと増したかのよう。また急きょセリフが追加される一幕もあったが、玄田は「はい、わかりました」と対応。すぐさまクーダとしてセリフを発すると、スタッフ陣からも「さすが!」と笑顔がこぼれる。「アーサーから、青春のパワーのようなものを感じていただけたら最高」と意気込む江原も、スタッフ陣の要求に応え、テンポよくアフレコは進行。まさに「打てば響く」といったプロの仕事に圧倒された。

 主人公の配役までもがクラウドファンディングによって決まるという、大胆な今回の試み。川本は「クラウドファンディングに参加された方の意見によって、選んでいただけたなんて驚きです。こんなことは初めてで、すごくうれしい」と大感激。本作の魅力について「吸血鬼をモチーフにしながらも、人生に悩んでいる青年のストーリーとしても堪能できる。リアリティを大切にしているからこそ、時を経ても色褪せないのかなと思います」と語り、「マーティンは複雑な内面を抱えていて、とても難しいキャラクター。いい役をやらせていただけた」。さらには「玄田さんや(大塚)明夫さんなど、ずっと背中を追っていたような方とご一緒できた。本当に感謝です」と貴重な機会に喜びを噛み締めていた。

 「実はホラーが苦手で」と告白したのが、玄田。「本作は人間や吸血鬼の悲哀が描かれている。見応えがあったね」と作品にも魅了された様子だが、70年代から声優として活躍している玄田にとって、“吹き替え版”には特別な思いもあるという。「昔は、毎日のようにテレビで『洋画劇場』が放送されていました。今では制作費の問題もあって、だいぶ少なくなりましたね。やはりさみしい面もあります」としみじみ。「なので、こうやって『いい吹き替え版を作ろう』という機会をいただいて、とてもありがたい。また昔の仲間も加わってアフレコをしてみたいし、吹替え版が盛り上がっていったらすごくいいなと思っています」と期待していた。

 また「初アフレコは、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』だった」という潘は、「母・潘恵子と親子で共演したホラー映画『キャリー』もとても思い出深い」と吹き替え版との関わりを吐露。「吹き替え版のお仕事では、言語や海を越えて、向こうの役者さんと“同じ役を演じている”という気持ちの交流ができる。それに私は背が低いんですが、吹き替え版だとスラリとしたブロンド美女にもなれますし!」と声を弾ませるなど、それぞれが吹き替え版におけるやりがいを語ってくれた。(取材・文・写真:成田おり枝)

 『マーティン/呪われた吸血少年』ブルーレイは、ハピネットより12月21日発売。価格は5800円(税抜)。

関連記事(外部サイト)