今夜『下町ロケット』阿部寛はトランスミッションの開発に頭を悩ませ…

阿部寛主演ドラマ「下町ロケット」第10話がこんや放送 出演に吉川晃司、イモトアヤコ

記事まとめ

  • 俳優の阿部寛が主演を務める日曜劇場「下町ロケット」の第10話が、今夜放送される
  • 今回は佃(阿部)らが、経験の少ないトランスミッションの供給をめぐり頭を悩ませる
  • 本作は15年放送「下町ロケット」の新シリーズ、出演はほか吉川晃司、イモトアヤコら

今夜『下町ロケット』阿部寛はトランスミッションの開発に頭を悩ませ…

今夜『下町ロケット』阿部寛はトランスミッションの開発に頭を悩ませ…

『下町ロケット』第10話場面写真(C)TBS

 俳優の阿部寛が主演を務める日曜劇場『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の第10話が今夜放送される。今回は、帝国重工の財前(吉川晃司)から再び無人農業ロボットの開発協力を要請された佃(阿部)らが、経験の少ないトランスミッションの供給をめぐり頭を悩ませる。

 本作は、2015年の10月期に放送された『下町ロケット』の新シリーズ。主人公・佃航平(阿部)が経営する町工場「佃製作所」の奮闘を描く。

 財前から再び無人農業ロボットのエンジンとトランスミッションの供給を頼まれた佃製作所。悩む佃だが、社員の中には、失敗の許されないこの挑戦に後ろ向きの者たちもいた。今までのノウハウを生かし、エンジンには絶対の自信があるが、問題はやはり経験不足の感が否めないトランスミッション…。

 そこで佃は、大学講師のアルバイトとして働く島津(イモトアヤコ)のもとを訪れ、改めて一緒に仕事をしないかと誘う。悩む島津だったが、立て続けに伊丹(尾上菊之助)が訪れてきて…。

 日曜劇場『下町ロケット』第10話は、TBS系にて今夜12月16日21時放送(15分拡大)。

関連記事(外部サイト)