深田恭子「しょんぼりしてるだけなので」 共演者に自身への対処法を披露

深田恭子「しょんぼりしてるだけなので」 共演者に自身への対処法を披露

深田恭子 クランクイン!

 女優の深田恭子が15日、『王様のブランチ』(TBS系/毎週土曜9時30分)にVTR出演。主演する2019年1月スタートの火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(同系/毎週火曜22時)で初共演となるキャスト陣に、自身がふさぎ込んでいるときの対処法を明かしていた。

 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)連載中の持田あきによる同名漫画が原作で、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)がタイプの違う3人の男性からアプローチされるラッキー・ラブコメディー。順子にアプローチする3人の男性を横浜流星、永山絢斗、中村倫也が演じる。

 今回、『王様のブランチ』は、同作でヒロインを演じる深田にインタビュー。自身の役柄について「恋に対して超鈍感」だと説明する深田だが、相手役となる横浜、永山、中村とは初共演で、特に中村については「1日、2日お会いしただけでも、とってもキャラが強烈な方」「面白い方」と語り、「どんな現場になるか楽しみにしています」と期待をのぞかせていた。

 そんな初共演の3人に「今のうちに言っておきたいこと」を聞かれると、「いっぱいいっぱいになってしまうと、結構ふさぎ込んでしまって (撮影現場の)はじっこでこういう感じ(うつむいた状態)になってしまうと思うんですけど、決して怒ったりとか、機嫌が悪いわけじゃなくて、しょんぼりしてるだけなので、そういうときは構わずに話しかけてください」と笑顔で呼びかけていた。

 ファンからはSNS上に「深キョンて何であんなに可愛いんだろう本当に可愛い」「深キョンが胸キュンしてないわけがない!」といったコメントが殺到。また、ドラマに対する期待の声も数多く寄せられている。

関連記事(外部サイト)