『まんぷく』13週、財務局からの無茶な要求に対し福子たちは逆提訴へ

「まんぷく」第13週 財務局の追求に萬平(長谷川博己)と東(菅田将暉)は国を提訴する

記事まとめ

  • 連続テレビ小説「まんぷく」第13週では会社の資産整理し追求を逃れた福子(安藤サクラ)
  • しかし、財務局はGHQからの徴税目標圧力からさらに個人資産を差し押さえようとする
  • 萬平(長谷川博己)、東(菅田将暉)らは国を提訴する、同作はほか松下奈緒、橋爪功ら出演

『まんぷく』13週、財務局からの無茶な要求に対し福子たちは逆提訴へ

『まんぷく』13週、財務局からの無茶な要求に対し福子たちは逆提訴へ

『まんぷく』第13週「生きてさえいれば」(C)NHK

 NHK連続テレビ小説『まんぷく』第13週「生きてさえいれば」では、会社の資産整理をすることで財務局からの追求を逃れた福子(安藤サクラ)たちだったが、財務局はさらに個人資産を差し押さえようとする。だが弁護士・東(菅田将暉)の考えで、福子たちは逆に国に対してある一手を出す

 泉大津の会社を引き払い、姉・克子(松下奈緒)の家に世話になることになった福子たち。たちばな栄養食品の社員たちは新しい勤め先を紹介され、それぞれ新たな道を歩き始めた。

 萬平(長谷川博己)と面会する度に、寂しさが募る福子。病床の三田村(橋爪功)を見舞うと、「生きていれば希望はある」と励まされる。その頃、財務局ではGHQから徴税目標の圧力がかかる。焦る財務局は、福子たちの個人資産を差し押さえようとする。

 東はそれを逆手に取り、萬平と逆に国を提訴する手段に打って出る。世間を味方につけた萬平たちの勢いに旗色が悪くなった財務局は、逆提訴の取り下げを条件に、萬平を釈放する打診。喜ぶ福子たちだったが、萬平は納得せず、戦い続けると主張し…。

 先週放送の第12週「絶対何とかなるから!」では、萬平が脱税の容疑をかけられ、重労働4年、罰金7万円の実刑判決を受ける。東の助けを借り、東京のダネイホンの販売会社を売却することでお金を工面し、罰金を支払う。しかしその直後、こんどは財務局から10万円の追徴課税が通達される。追い詰められる福子だが、三田村の助けで、会社を資産整理することで財務局の追求を逃れることに成功する。その一方、これまで共に働いてきた社員たちとは別れることになる、という内容だった。

 連続テレビ小説『まんぷく』は、NHK総合テレビにて月曜〜土曜8時放送。

関連記事(外部サイト)