『コンフィデンスマンJP』、完全新作のSPドラマ「運勢編」5月放送

『コンフィデンスマンJP』、完全新作のSPドラマ「運勢編」5月放送

映画『コンフィデンスマンJP』撮り下ろし未公開カット(C)フジテレビ

 女優の長澤まさみが主演を務めるフジテレビ開局60周年特別企画のSPドラマ『コンフィデンスマンJP 運勢編』が、同局系にて5月18日21時から放送されることが発表された。

 『コンフィデンスマンJP』は2018年4月期に放送された連続ドラマで、長澤、東出昌大、小日向文世が、それぞれダー子、ボクちゃん、リチャードという3人の信用詐欺師に扮し、金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界など、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた悪人たちから大金をだまし取るコメディー作品。5月17日からは、香港を舞台にした映画『コンフィデンスマンJP』が公開される。

 本作は映画公開翌日に放送される完全新作のSPドラマで、“運勢”がテーマ。ダー子は新たな詐欺のターゲットとして投資家・阿久津晃に狙いを定める。阿久津は投資家とは名ばかりの闇金業者で、違法の賭けポーカーの元締めとしても暗躍するかなりダークな人物。ボクちゃんとリチャードは、相手が悪いと反対する。そんな忠告には耳を貸さないダー子は、なかば強引に彼ら2人、そして五十嵐(小手伸也)、モナコ(織田梨沙)を巻き込み、阿久津の金庫に眠る現金3億円を狙ってさまざまな策略を巡らすが、返り討ちに遭う。負けを認めたくないダー子は再び阿久津にコンゲームを仕掛けるが…。

 主演の長澤は「まだまだこれからがコンフィデンスマンの世界の始まりです! ボクちゃん、リチャードの2人にまた会えるのもうれしいですし、息を合わせて3人らしい詐欺をやってのけます。このスペシャルドラマを見て映画館へ行ってもらえたらまた違う一面をのぞけるかも。ちゃんと皆さんについて来てもらえるように、ダー子ちゃんを楽しんで演じたいなと思っております!!」とコメント。

 フジテレビ開局60周年特別企画『コンフィデンスマンJP 運勢編』は、フジテレビ系にて5月18日21時放送。

関連記事(外部サイト)