『まんぷく』安藤サクラを労う桐谷健太の一言に視聴者「超イケメン」の声

『まんぷく』安藤サクラを労う桐谷健太の一言に視聴者「超イケメン」の声

(左から)安藤サクラ、桐谷健太 クランクイン!

 安藤サクラ主演のNHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第22週「きれいごとは通りませんか」(第126回)が1日に放送され、世良(桐谷健太)が福子(安藤)を労う一言に、視聴者から「超イケメン」「朝から人を泣かすもんやないで」「ええこと言うとる」などの声がSNSに寄せられた。

 即席ラーメンの粗悪品がいまだ売られている現状に心痛める福子(安藤)の言葉に心を打たれた萬平(長谷川)は、まんぷくラーメンの製造法を他社に公開することを決意する。どの会社でも安心安全な即席ラーメンを作れるようにして業界全体の底上げしようと考える。そして、粗悪な商品を作る会社を訪ねて回り、パートナー契約の打診をするのだが…。

 萬平と真一(大谷亮平)が粗悪品を売る会社にパートナー契約を打診するものの、全く相手にされない。見兼ねた福子は世良に対して、交渉役を引き受けてもらうよう打診する。福子は「世良さんは今までずっと、萬平さんにはできないことをしてきてくださいました」と語ると「萬平さんが純粋でいられたのは世良さんのおかげです」と断言。そして「萬平さんのその“きれいごと”を通してあげられるのはあなたしかいません」と頭をさげる。このシーンに視聴者からは「うまいなぁ福ちゃん」「世良を動かせるのも福ちゃんの才能」などのツイートが。

 福子の必死の説得にほだされた世良は「しゃあないなぁ…そこまで言われたら断るわけにはいかんやないかい」と一言。世良は、福子の望みを了承すると「立花君が今まで頑張ってこれたんは、きれいごとを通したからやない。福ちゃんがおったからや」と労いの言葉をかける。このセリフに対してSNS上には「よう言うたぁ!!」「ええこと言うとる」「朝から人を泣かすもんやないで」などの賞賛が殺到。さらに「世良さんが超イケメンに見える〜」「キューンったなったわ」「世良さんがかっこよすぎてーー」などの声も寄せられていた。

関連記事(外部サイト)