『ウォーキング・デッド』、新スピンオフ企画が進行中

人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』の新スピンオフ企画が「積極的な開発段階」

記事まとめ

  • シーズン9後半の放送が始まった『ウォーキング・デッド』の新スピンオフ企画が判明
  • 既存のスピンオフ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』はシーズン5に突入している
  • AMC局COOエド・キャロル氏によると3つ目のゾンビ・ドラマは「積極的な開発段階」とか

『ウォーキング・デッド』、新スピンオフ企画が進行中

『ウォーキング・デッド』、新スピンオフ企画が進行中

『ウォーキング・デッド』の新スピンオフ企画が浮上(C)AFLO

 2月にシーズン9の後半の放送が始まった人気海外ドラマウォーキング・デッド』に、新たなスピンオフ企画があることが判明。米AMC局がウォールストリート・アナリストとの四半期の定例ミーティングで認めたという。

 これまで『ウォーキング・デッド』からは、本家のストーリーより早い時期のロサンゼルスを舞台にしたスピンオフ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』が誕生。今年シーズン5に突入する人気シリーズになっているが、AMC局のCOOエド・キャロル氏によると、3つ目のゾンビ・ドラマは「積極的な開発段階」に入っているという。

 キャロル氏はそれ以上の詳細についてはコメントを控えたが、ストーリー案を売り込んできたクリエイティブ陣を起用するに至ったとのこと。新スピンオフの開発については「好感触を得ている」と語った。しかし、配給に関して動画配信サービスとのタイアップなどを話す段階には来ていないという。

 『ウォーキング・デッド』ではシーズン9の前半で、主役のリック・グライムズを演じる俳優のアンドリュー・リンカーンが降板したが、別ラインでリックを描くオリジナル映画の制作が決まっている。

関連記事(外部サイト)