広瀬アリス「初めて映画館で見た映画が『ドラえもん』」 出演に感謝

広瀬アリス、映画館初体験で観たのは「ドラえもん」 ゲスト声優参加に感謝

記事まとめ

  • 広瀬アリスが『映画ドラえもん のび太の月面探査記』サンキュー舞台挨拶に出席した
  • 柳楽優弥、ロッチ・中岡創一、サバンナ・高橋茂雄、主題歌を担当した平井大も登壇
  • 同作の脚本はドラえもんファンを公言する直木賞作家・辻村深月氏、監督は八鍬新之介氏

広瀬アリス「初めて映画館で見た映画が『ドラえもん』」 出演に感謝

広瀬アリス「初めて映画館で見た映画が『ドラえもん』」 出演に感謝

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』舞台挨拶に出席した広瀬アリスと柳楽優弥 クランクイン!

 女優の広瀬アリスが2日、都内で行われた映画『映画ドラえもん のび太の月面探査記』サンキュー舞台挨拶に出席。初めて映画館で観た映画が『ドラえもん』だったことを明かした。舞台挨拶には、ルナ役の広瀬のほか、ゴタード役の柳楽優弥、キャンサー役のロッチ・中岡創一、クラブ役のサバンナ・高橋茂雄、脚本を務めた辻村深月、主題歌を担当した平井大、八鍬新之介監督も登壇した。

 本作は、「ドラえもん」ファンを公言する直木賞作家・辻村深月が脚本を担当。謎の転校生ルカとの出会いによって、神秘的でロマンあふれる“月”を舞台に、ドラえもんやのび太たちの冒険が描かれる劇場版映画シリーズ第39作目。

 39(サンキュー)にちなみ「いま感謝していること」ついて問われた広瀬は、初めて映画館で観た映画が『ドラえもん』だったことを明かすと「小さいころから観ていた大好きな作品に、ゲスト声優として参加させていただいたことに感謝しています」と笑顔を見せる。

 同じくゲスト声優として、物語の重要な役割を果たすキャラクターを演じた柳楽は、「柳楽優弥」というプレートが並ぶ会場を見渡すと「こうして応援してくださる方にサンキューです」と照れ笑い。続けて「いつもあまりしゃべれませんが、僕は舞台挨拶が大好き。しかも『ドラえもん』で参加できるなんて……」としみじみ語っていた。

 また、本作の舞台が月であることから「月(ツキ)があった、ラッキーだった出来事」というトークテーマが。広瀬は「すごく小さい話なんですが」と前置きしつつ「卵かけご飯が食べたくて、卵を割ったら黄身が二つ出てきたんです。トゥルントゥルンの卵かけご飯が食べられました」と可愛らしいエピソードを披露。一方の柳楽も「ドラえもんの宣伝で『徹子の部屋』に10年ぶり以上に出演できました」と語ると、会場からは大きな笑い声が巻き起こっていた。

関連記事(外部サイト)