キャサリン妃、赤とブルーのコートで卓越したファッションセンスを披露

キャサリン妃、赤とブルーのコートで卓越したファッションセンスを披露

北アイルランドをサプライズ訪問したウィリアム王子&キャサリン妃(C)AFLO

 イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃が北アイルランドをサプライズ訪問。キャサリン妃は鮮やかな赤とブルーのコートを着こなし、卓越したファッションセンスで市民を魅了した。

 USA Todayによると、2人の滞在期間は現地時間2月27〜28日の2日間だったが、キャサリン妃のオシャレで気品のあるコート姿が評判を呼んだという。キャサリン妃は初日、赤のフレアコートと黒のズボン、レースアップのブーツというコーディネートを披露。コートはニューヨークを拠点にするファッションデザイナー、キャロライナ・ヘレラが手がける。

 2日目はブルーのショートケープ付きコートを着用したキャサリン妃。Harper Bazaarによると、英ブランド、マルベリーの2018年フォールコレクションからの1着だ。Mail Onlineいわく、コートのお値段は1735ポンド(約26万円)。ちょうど、肘の辺りまでの長さのショートケープのシルエットが、映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』に登場するフラー・デラクールの衣装に似ていると、ネットでは話題になったそうだ。

 英ケンジントン宮殿の公式インスタグラムには、キャサリン妃とウィリアム王子の北アイルランド訪問の様子をとらえた写真が投稿されている。特にキャサリン妃には、「彼女は淑女と王女のあるべき姿を体現している」「キャサリン妃が身に着けた服の中でも、私のお気に入りの1着だわ。もうすごく大好き」「彼女は本当に魅力的でエレガント!」といった称賛コメントが寄せられている。

引用:https://www.instagram.com/kensingtonroyal/

関連記事(外部サイト)