橋本環奈の抱きしめられた表情に「美の暴力」の声 『1ページの恋』第3話

橋本環奈の抱きしめられた表情に「美の暴力」の声 『1ページの恋』第3話

『1ページの恋』第3話より(C)AbemaTV

 女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を務める『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の第3話が4日に放送され、あかり(橋本)が有利(古川雄輝)から告白され、抱きしめられるシーンに視聴者から「目が綺麗」「美の暴力」「辛そうな顔がまたかわいい」などの声がSNSに寄せられた。

 本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の星野有利(古川)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ。

 ストラップを拾おうと真冬の川へ飛び込んだあかりはそのまま意識を失い、星野(古川)の家のベッドで目を覚ました。帰り際、あかりはカバンに失くなってしまったはずのうさぎのストラップがついていることに気づく。一方、悪質スカウトに捕まったところを郁巳(板垣)に助けてもらった奈津菜(大野いと)は、お礼として自身が出演する舞台のチケットをプレゼント。郁巳があかりの初恋の人だと知らないまま、奈津菜は郁巳と距離が縮まったことに喜んでいた…。

 あかりは、郁巳のことが忘れられないことに悩んでいた。そんなある時、有利から誘いのメッセージが入り、2人は会うことに。あかりは有利から流星群の日に撮影された写真をプレゼントされると「見るたびに郁巳君を思い出しちゃいそうで…」と気まずそうに一言。すると有利はあかりに「何度だって思い出していいと思うよ。無理に忘れる必要もない」と答える。この有利の言葉に対してネット上には「有利くんイケボ…」「大人の余裕」「古川くん好きになってしまう回確定だなぁ」などのコメントが。

 そして有利は「今日は告白しにきたの…あかりちゃんと真剣に付き合いたいと思ったから。好きだよ」と想いを告げて、あかりをギュッと抱きしめる。切ない表情で有利に抱きしめられるあかりの表情がアップになると、視聴者からは「辛そうな顔がまたかわいいね」「環奈ちゃんほんと目が綺麗」「美の暴力」などのコメントが殺到した。

関連記事(外部サイト)