みやぞん、山下智久を知らず「絶対売れるよ!頑張ろう!」と励ます

みやぞん、山下智久を知らず「絶対売れるよ!頑張ろう!」と励ます

ANZEN漫才・みやぞん クランクイン!

 お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんが7日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系/毎週木曜22時)に出演。2007年放送の山下智久主演のドラマに出演したみやぞんが、山下に「絶対売れるよ!頑張ろう!」と励ましたというエピソードが披露された。

 今回の番組は、みやぞんの輝かしい経歴と初めて明かされるエピソードを独自取材で紹介するという内容に。ANZEN漫才を結成後は、フリーランスのお笑い芸人として活動をスタートしたみやぞん。「本当はNSCさんとか入りたかったんですけど…」とこぼすと、大衆演劇をやっていた母親から、当時、ネタをダメ出しをされ「その辺に笑いって落ちてるのに、それも見つけられないあんたらが養成所に行って何ができんの?」と言われたことを告白。自分の足元にある面白いものをネタにしようということで、「足立区の歌」を作ったことが、テレビへの出演につながったことも明かした。

 さらに櫻井が「フジテレビの月9にも出てるの!?」と聞くと、みやぞんは「初めてテレビに出たのが月9です」と一言。2007年放送の山下智久主演『プロポーズ大作戦』にコンビで出演したことを振り返った。撮影の合間に、野球のシーンに備えて山下がバットの振り方を練習していたところ、野球経験者のみやぞんは「振り方を教えてあげる」とスイングを指導。

 さらに撮影中に山下が足をつった際には、「どうしたの?こうやって治すんだよ」と救助。そしてみやぞんは山下のことを主演だと知らずに「君かっこいいね、絶対売れるよ!頑張ろう!」と言ってしまったと懺悔。これを聞いたMCの有吉弘行は「バカだね〜」と呆れ、櫻井が「ドラマに出てればわかるでしょ!」とツッコむと、みやぞんは「テレビ観てなくて…」と弁解していた。

関連記事(外部サイト)