“3A”望月歩、初主演『五億円のじんせい』公開決定 共演に山田杏奈

“3A”望月歩、初主演『五億円のじんせい』公開決定 共演に山田杏奈

『五億円のじんせい』ポスタービジュアル(C)2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

 ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の出演で注目された望月歩が、映画『五億円のじんせい』にて初主演を務めることが分かった。さらに、物語のキーとなる年上の少女役を山田杏奈が務める。

 本作は、GYAOとアミューズが今後の次世代を担う新たな才能の発掘を目指し、オリジナル映画の企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦的な取り組み「NEW CINEMA PROJECT」にて、約400本の応募の中から第一回グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによって制作される。善意の募金五億円により心臓手術で命を救われた17歳の主人公・高月望来が、五億円の“借金”を返して自由になるため家出し、闇バイトを通して成長していく姿を描く。

 主人公に抜てきされたのは、映画『ソロモンの偽証』やドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』などに出演する望月。周囲の期待に応えようとする「いい子」の主人公・望来が、家出の中でさまざまな経験を積みたくましく成長していく姿を、卓越した身体能力を武器に伸びやかに体現する。

 さらに、望来が入院中の小児病棟で慕っていた年上の少女・橘明日香を演じるのは、映画『ミスミソウ』で主演を務めた山田杏奈。物語のキーとなる全く異なる2役を印象的に演じ分ける。また、本プロジェクトのキャスト部門でグランプリを受賞した兵頭功海、審査員特別賞を受賞した小林ひかりも出演。その他共演者には、望来を愛するシングルマザーの母役に西田尚美、旅に出た望来が出会うクセ者たちに、森岡龍、平田満、松尾諭、水澤紳吾、芦那すみれ、諏訪太朗らが名を連ねる。

 解禁されたポスターは、主人公・望来が躍動的に青空を駆ける姿と「五億円稼いで、ボクは死ぬ」というドキッとするような言葉が組み合わされている。同時に解禁となった予告編では、そんな望来が次々と闇バイトに巻き込まれていくさまがテンポよく描かれ、旅の終わりに彼が見つけるものが気になる仕掛けとなっている。

 映画『五億円のじんせい』は7月20日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)