『後妻業』第8話、木村佳乃のピンチに駆け付けた高橋克典が「かっこよすぎる」と話題

『後妻業』第8話、木村佳乃のピンチに駆け付けた高橋克典が「かっこよすぎる」と話題

(左から)木村佳乃、高橋克典 クランクイン!

 女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第8話が12日に放送。紳士的で男らしい舟山(中条きよし)に熱を上げていたが、その為に窮地に陥ってしまった小夜子(木村佳乃)。そのピンチを救った柏木(高橋克典)が「かっこよすぎる」「あの優しさせこい」と視聴者の間で話題となっている。

 これまで後妻に入った老人たちとは違い、紳士的で男の色気が漂う舟山にすっかり魅了された小夜子。舟山からのプロポーズに今までとは違う、女としての喜びを感じてしまう。一方柏木は、プロポーズされたことをうれしそうに報告する小夜子の言葉に、複雑な感情を抱いていた。

 舟山と男女の関係になったことをにおわす小夜子の言葉に激しく動揺する柏木。更に、小夜子が今まで誰一人として入れなかった自室に舟山を招き手料理を振る舞うと知り、入れ込みすぎだと警告。しかし、恋に酔った小夜子の耳には届かず、反対に「嫉妬ちゃうか?」と痛いところを突かれてしまう。

 いら立ちを抑えきれなくなった柏木は、何とかして小夜子の目を覚まそうと躍起に。そして、舟山の化けの皮をはがすために彼の資産届を確認すると、一軒家だと言っていた家がマンションであることを確認。舟山は詐欺師であることが発覚する。

 自分の為に「公正証書を書いてほしい」と舟山に告げた小夜子。しかし、その言葉を遮るように、購入したい不動産の頭金を出してほしいと提案される。違和感を感じた小夜子は彼に対し「あんたは正真正銘の詐欺師や」と言い放つが、逆上した舟山に暴力をふるわれた挙句、財布の中身を抜かれてしまう。

 全身を殴打され傷だらけになった小夜子の元へ駆けつける柏木。彼女を介抱した後、怒りの表情を見せながら舟山の自宅に乗り込み、女に手を出した事を叱咤。小夜子は自分の「ツレ」であることを明言し、数発殴った後に抜かれた現金とカードを取り戻すのであった。

 柏木が見せた一連の男らしい行動と小夜子を想う気持ちに、放送中のSNSは大熱狂。「高橋克典さんのかっこよさが大気圏を突き抜けた」「惚れる」「高橋克典さんの蹴りめちゃくちゃかっこよかった」などといった賞賛が多数投稿された。また、「柏木と小夜子の何とも言えない関係が見ててもどかしい!」と、2人の関係性にヤキモキするファンも相次いでいる。

関連記事(外部サイト)