武田玲奈、『電影少女』新作に出演決定 戸次重幸も続投

武田玲奈、『電影少女』新作に出演決定 戸次重幸も続投

『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』に出演が決まった武田玲奈

 乃木坂46の山下美月と俳優の萩原利久のダブル主演で4月11日にスタートするドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』(テレビ東京/毎週木曜25時)に、女優・モデルの武田玲奈と俳優の戸次重幸が出演することが発表された。戸次は前シリーズからの続投となる。

 本作は「週刊少年ジャンプ」で1989年から1992年まで連載された漫画家・桂正和の代表作『電影少女』を原作に、2018年1月期に元・乃木坂46の西野七瀬主演で実写化された連続ドラマのシリーズ第2弾。悪のビデオガール・神尾マイ(山下)と彼女によって道を踏み外していく少年・叶野健人(萩原)の姿を描いたダークファンタジーとなっている。

 高校生の健人は、ある日、学校の放送室でビデオテープを発見。再生してみると、突然画面から神尾マイと名乗る少女が飛び出してきた。そこから、マイと健人の奇妙な共同生活が始まる。健人の望みをかなえるため、マイは手段を選ばず目的を遂行していく。そんな彼女に、健人は次第にのめり込んで行き…。そして健人の望みの先には、過去と現在を股にかけた、恐るべき因縁が待ち受けていた…。

 武田が演じるのは、健人のクラスに転校してくる現役女子高生モデル・朝川由那、通称カワユナ役。武田は「この作品に出演させて頂き、とても嬉しく思います! オリジナルキャラクターとなるので、監督と相談しながらキャラクターを作りあげていくのが今からとても楽しみです。原作ファンだけではなく、多くの方々にも喜んで頂けるよう、全力を尽くしていきたいと思います」と意気込んでいる。

 戸次は、原作漫画の主人公で、前シリーズにも登場した弄内洋太役を引き続き演じる。「前作からのキャラクターの中で私の演じた弄内洋太は今回もそのまま登場するという……。つまり、ほぼ本シリーズが初演の方に囲まれた中で私は『電影少女先輩』なわけです。思いっきり先輩風吹かせたいと思います(笑)。まあ、というのは冗談で、打ち上げでまた原作の桂正和先生にお会いした時、恥ずかしくない芝居をしたいと思います」と話している。

 ドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』は、テレビ東京にて4月11日より毎週木曜25時放送。

関連記事(外部サイト)