原作者・かわぐちかいじ絶賛 『空母いぶき』本ポスター&新予告解禁

西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演の映画『空母いぶき』をかわぐちかいじ氏が絶賛

記事まとめ

  • 西島秀俊、佐々木蔵之介らが出演する『空母いぶき』の新予告映像などが解禁された
  • 本作は『沈黙の艦隊』などで知られるかわぐちかいじ氏の同名コミックを実写化した
  • 完成した映画を視聴した原作者のかわぐちかいじ氏は「テーマが浮び上ってくる」と絶賛

原作者・かわぐちかいじ絶賛 『空母いぶき』本ポスター&新予告解禁

原作者・かわぐちかいじ絶賛 『空母いぶき』本ポスター&新予告解禁

『空母いぶき』本ポスタービジュアル(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

 俳優の西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演の映画『空母いぶき』より、新たに本ポスター・ビジュアルと新予告映像が解禁となった。原作者のかわぐちかいじは「映画は原作以上に秋津と新波が自衛官としてクッキリ描かれていて、国を守るとはどういうことかというテーマが二人の確執を通して浮び上ってくる」と絶賛のコメントを寄せている。

 本作は、『ジパング』『沈黙の艦隊』で知られる漫画家・かわぐちかいじの累計500万部突破の同名コミックを実写化したアクション・サスペンス。再び“空母の時代”へ突入した20XX年の世界を舞台に、国籍不明の軍事勢力から襲撃を受けた日本の戦いを描く。映画『沈まぬ太陽』の若松節朗が監督を務める。

 西島は航空自衛隊エースパイロットの実績から、空母いぶきの艦長に抜てきされた秋津竜太を、佐々木は海上自衛隊生え抜きながらその副長に甘んじる新波歳也を演じる。

 公開された本ポスター・ビジュアルは、真っ赤に染まる空母「いぶき」を背景にオールスターキャストが並び、「運命の、24時間。」というコピーが添えられたもの。戦後最大の危機に立ち向かう人々の緊張状態が表現されており、大胆に配置されたタイトルが本作の“規格外の大作感”を醸し出している。

 併せて解禁された予告映像は、突然のミサイル攻撃のシーンからスタート。「これは訓練ではない!」という秋津艦長(西島)の言葉により、各艦隊員はかつてない緊張感に包まれていく。「正当防衛以外、攻撃はできない」と防御に徹することを主張する副長の新波(佐々木)と、「国民を守るために死ぬのなら、自衛官として本望」として攻撃を推進しようとする秋津が対立する中、日本の平和を守るために決断を迫られる激動の一日が映されている。

 完成した映画を視聴した原作者のかわぐちは「優れたアクセルとブレーキ、この二つが機能しなければ動力を備えた運動体は上手く機能しない。それはあらゆる組織・国家も同じだろう。映画は原作以上に秋津と新波が自衛官としてクッキリ描かれていて、国を守るとはどういうことかというテーマが二人の確執を通して浮び上ってくる。秋津と新波は国を守り戦う自衛隊の優れたアクセルとブレーキなのだ」とメッセージを寄せている。

 映画『空母いぶき』は5月24日より全国公開。

関連記事(外部サイト)