山下美月×萩原利久『電影少女2019』、黒木ひかり、柾木玲弥、甲斐翔真の出演決定

山下美月×萩原利久『電影少女2019』、黒木ひかり、柾木玲弥、甲斐翔真の出演決定

『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』出演キャスト(C)『電影少女 2019』製作委員会

 乃木坂46の山下美月と俳優の萩原利久のダブル主演で4月にスタートするドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』(テレビ東京/毎週木曜25時)より、黒木ひかり、柾木玲弥、甲斐翔真ら、11人の個性的な共演陣が発表された。

 本作は「週刊少年ジャンプ」で1989年から1992年まで連載された漫画家・桂正和の代表作『電影少女』を原作に、2018年1月期に元・乃木坂46の西野七瀬主演で実写化された連続ドラマのシリーズ第2弾。悪のビデオガール・神尾マイ(山下)と彼女によって道を踏み外していく少年・叶野健人(萩原)の姿を描いたダークファンタジーとなっている。

 叶野健人の通う高校では、「マイ!」と叫び暴れる生徒が続出する事件が起きていた。ある日、健人の幼なじみだった現役女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈)が転校してくる。思い切って由那に声をかけるが、由那は健人のことを覚えていない。その頃、彼女にフラれムシャクシャしていた柳(柾木玲弥)は、放送室から『神尾マイ「元気を出して」』というVHSを発見して…。

 この度、主人公である健人が通う高校の教師や生徒役として、ベテランから若手まで個性豊かな共演者が発表された。

 原作にも登場する健人の高校の教師・松井直人役に岡田義徳、同じく教師役に森岡龍、小松和重が決定した。さらに、健人の同級生の生徒役に、黒木ひかり、柾木玲弥、新條由芽、大下ヒロト、久保田康祐、桃月なしこ、甲斐翔真が発表された。そして、由那のカメラマン・小山内役を三浦誠己が務める。

 教師役を務める岡田は「自分が若いころに見ていた漫画だったので、出演のお話をいただいた時は嬉しかったです。教師役の森岡さん、小松さんとの撮影は愉快にしていきたいと思いますし、松井という人物が、引っ掛かりのある人になればいいなと思います」とコメント。

 生徒役の黒木は「私の演じる川島杏奈はリーダー的存在で明るく素直な女の子なのですが、 私の本当の性格は素直に物事を言えるような人間ではないので少し不安ですが、明るく元気な所は一緒だと思うので、川島杏奈としてしっかりと演じて川島の全てを皆様にお伝えできるよう頑張ります!」と意気込みと語った。

 同じく生徒役の柾木は「まず台本に衝撃を受けました。以前から俳優として狂気的な役に興味があったので、お受けすることができて嬉しく思っています。現場では久しぶりに大声を出して喉が枯れたりもしましたが、マイに狂わされていく高校生を全力で演じました」と撮影の苦労を語った。

 甲斐は「演じさせていただく杉崎は本当はいいやつなんです。少し取っつきにくい所はありますが、自分に厳しくてストイックで、何に関しても全力です。そんな杉崎がマイの存在によって大きく狂わされる、ある意味全てに真っ直ぐな杉崎を楽しみにしていただきたいです」と役に対する思い入れを話した。

 ドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』は、テレビ東京にて4月11日より毎週木曜25時放送。

関連記事(外部サイト)