『シャザム!』すでに続編企画が進行中か 1作目の脚本家が続投

『シャザム!』すでに続編企画が進行中か 1作目の脚本家が続投

『シャザム!』の続編企画が進行中か(※『シャザム!』場面写真)(C)AFLO

 日本では今月19日に公開予定の最新DCヒーロー映画『シャザム!』。本国アメリカでは現地時間5日に公開されて初週末の北米興行収入で1位に輝いたが、すでに続編企画が動いているようだ。1作目の脚本を執筆したヘンリー・ゲイデンが、再起用されたという。

 The Wrapによると、デヴィッド・F・サンドバーグ監督と製作のピーター・サフラン氏も続投することが見込まれるとのことだ。

 公開された初週末に北米興行収入約5350万ドル(約59億3850万円)を達成した『シャザム!』。謎の魔術師から“選ばれし者”としてスーパーパワーを授かった14歳の少年ビリーは、「シャザム!」と唱えるとゴールドの稲妻が目印の赤いボディスーツを着たスーパーヒーローに変身するようになる。最初はスーパーパワーと大人の外見を利用して悪ふざけをしていたが、Dr.シヴァナという強力な敵が現れ、スーパーパワーを狙われることに…。

 見かけは大人、中身は子供の異色スーパーヒーローの活躍をコメディタッチに描き、映画批評サイトのRotten Tomatoesなどで90%以上の高評価を得ている。

 海外ドラマのスパイコメディ『CHUCK/チャック』の俳優ザッカリー・リーヴァイがシャザムを演じ、Dr.シヴァナ役を映画『キングスマン』シリーズの俳優マーク・ストロングが務める。続編が制作される場合、シャザム役のザッカリーが再び赤いボディスーツを身に着けることが期待される。

関連記事(外部サイト)