『ハロウィン』伝説のスクリームクイーンが復活 脚本4ページ目で出演を決意

『ハロウィン』伝説のスクリームクイーンが復活 脚本4ページ目で出演を決意

ローリー・ストロード役のジェイミー・リー・カーティス(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

 伝説のホラーキャラクター“ブギーマン”がよみがえる映画『ハロウィン』より、主人公ローリー・ストロードを演じる女優ジェイミー・リー・カーティスのインタビュー映像が到着。主人公ローリーや“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズ、作品などについて、冷静に分析して語りつくす映像となっている。

 鬼才ジョン・カーペンター監督による1978年版『ハロウィン』は、後世に語り継がれるホラーキャラクター“ブギーマン”と恐怖をあおる象徴的な音楽で全米を震撼させ、大ヒットを記録。その後のホラー映画に多大な影響を与えた。その公開から40年の時を経て、デヴィッド・ゴードン・グリーン監督により新たに製作された本作では、再び街を恐怖に陥れるブギーマンとローリーとの対決を捉える。

 1978年の『ハロウィン』で演じたローリー役で元祖スクリームクイーンと称され、その40年前と同じ役で今回カムバックを果たしたジェイミー。インタビュー映像では、まずローリーについて「たぶん他人との関わりがないんだと思う。娘との関係は破綻しているし、孫娘との関係は一時的なもの」と孤独な人生であることを示唆。続けて「彼女の毎日は変わっていて、毎朝ものすごい不安の中で覚悟を決めて目を覚ます。分かっているからなの。マイケル・マイヤーズ(ブギーマン)が決着をつけに戻ってくるとね。再び彼と向き合うまでは前に進むことができないの」と過去のトラウマに縛られ、孤独に生きていると分析する。

 ローリーを再び演じることについては「脚本の4ページ目くらいで引き受けようと決めていた。すぐに気づいたわ。舞台となるのは、40年たった孫娘のハロウィンの夜なのだとね」とほぼ即答で役を引き受けたと明かす。

 マイケル・マイヤーズに恐怖を感じる理由を聞かれると「マイケル・マイヤーズには何の信念も動機もないの。本当に何もない。彼には何もなくて、その虚無感、得体の知れない“無”が純粋な悪の化身だから恐ろしいの」と因縁の相手の恐怖を語った。

 最後は、「強烈な作品よ。本当にものすごい作品だと思う。いくつかのシーンは、目を背けたくなるほど残酷なの。監督のデヴィッドはすばらしい作品を作ったわ。本当に面白いから、みんな気に入ると思う」と作品の出来に太鼓判を押している。

 映画『ハロウィン』は4月12日より全国公開。

関連記事(外部サイト)