二階堂ふみ演じる“姫川玲子”がカッコよすぎ! 『ストロベリーナイト・サーガ』初回

二階堂ふみ演じる“姫川玲子”がカッコよすぎ! 『ストロベリーナイト・サーガ』初回

二階堂ふみ クランクイン!

 女優の二階堂ふみとKAT‐TUNの亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時・初回は21時から2時間スペシャル)の初回が11日に放送され、姫川を演じる二階堂の演技にSNS上には「ふみちゃんカッコよすぎて本当に好き」「目力あるし声の張りもいい」「上手いな〜。滑舌もいいし、とてもわかりやすい。姫川玲子だわ」などの声が寄せられた。

 本作は、累計400万部を突破する誉田哲也のベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』を原作にした刑事ドラマ。27歳の若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川玲子(二階堂)と彼女を支える年上の部下・菊田和男(亀梨)が凶悪事件を解決していく姿を描く。

 菊田は、姫川が率いる通称“姫川班”への勤務を任命される。そのとき捜査一課は、亀有北署に「水元公園内殺人・死体遺棄事件特別捜査本部」を立てていた。公園の溜池付近で腹部を切開された男の死体が発見されたこの事件について、捜査会議に遅れてやって来た玲子は腹部を割かれた別の犠牲者がいると主張。溜池を再捜索すると、その言葉通りに新たな死体が発見される…。

 捜査会議に姫川が現れるやいなや、管理官の橋爪(岡田浩暉)に対して毅然とした態度で「会議を一時中断していただけますか」と要求。いぶかる橋爪に姫川は「もし私の勘が間違っていたら、頭を丸めて坊主にします」と言い放ち、会議に参加した大勢の警察官を前に自身の推理をまくし立てていく。姫川を演じる二階堂の演技にSNS上には「ふみちゃんカッコよすぎて本当に好き」「目力あるし声の張りもいい」「上手いな〜。滑舌もいいし、とてもわかりやすい。姫川玲子だわ」「二階堂ふみ版姫川玲子…いい…最高だ…」などの声が寄せられた。

 また、そんな姫川に憧れを抱き、上司として慕っているのが大塚真二(重岡大毅)も話題に。居酒屋で菊田の歓迎会が開かれる中、大塚が神妙な顔つきで「大塚真二! 巡査です!」と自己紹介すると、隣にいた姫川は笑顔で大塚の頭を豪快になで回すと「真二!」と彼のニックネームを菊田に教える。姫川に頭をなでられ、思わず笑顔になる大塚に、ネット上には「頭なでられてるの可愛すぎか」「ぐしゃぐしゃ〜!!!かわいい」「頭なでなでしたくなるの分かる。部下に欲しいタイプ」「大塚くんのワンコみ」などのツイートが投稿された。

関連記事(外部サイト)