【映画ランキング】『名探偵コナン 紺青の拳』がぶっちぎりで首位に!

映画「名探偵コナン 紺青の拳」 動員ランキング断トツ首位で超好発進

記事まとめ

  • 「名探偵コナン 紺青の拳」が、全国映画動員ランキングでぶっちぎりの首位となった
  • 2位は"映画ドラえもん"、3位にベストセラー小説が原作の"ハンターキラー 潜航せよ"
  • 4位は「ダンボ」、5位は公開8週目を迎えた「翔んで埼玉」となった

【映画ランキング】『名探偵コナン 紺青の拳』がぶっちぎりで首位に!

【映画ランキング】『名探偵コナン 紺青の拳』がぶっちぎりで首位に!

4月13日〜4月14日全国映画動員ランキング1位:『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 4月13〜14日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』が、初週土日動員114万5000人、興収14億6400万円という圧倒的な数字でぶっちぎりの首位発進。4月12日の公開から3日間では、動員145万8000人、興収18億8600万円を突破。91.8億円をあげた前作『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』との興収比で112.9%と、100億超えを狙える超好スタートを切った。

 公開から6週連続首位だった『映画ドラえもん のび太の月面探査記』は、2位に順位を落としたものの、累計動員409万人を突破し、興収も47億円に迫る勢いだ。3位は、小説家ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長という肩書を持つジョージ・ウォレスによるベストセラー小説を実写化した潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』が初登場。

 公開8週目を迎えた『翔んで埼玉』は5位。累計動員257万人、興収33億円を突破。7位には、1978年にジョン・カーペンター監督が制作した名作ホラーの40年後を描いた『ハロウィン』が初登場ランクイン。8位には公開7週目の『グリーンブック』。累計では動員146万人、興収18億円を突破した。

 4月13日〜14日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:名探偵コナン 紺青の拳
第2位:映画ドラえもん のび太の月面探査記
第3位:ハンターキラー 潜航せよ
第4位:ダンボ
第5位:翔んで埼玉
第6位:キャプテン・マーベル
第7位:ハロウィン
第8位:グリーンブック
第9位:映画 プリキュアミラクルユニバース
第10位:バンブルビー

関連記事(外部サイト)