窪田正孝を支える“理想の上司” 遠藤憲一がカッコいい! 『ラジエーションハウス』第2話

窪田正孝を支える“理想の上司” 遠藤憲一がカッコいい! 『ラジエーションハウス』第2話

『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』で共演中の(左から)窪田正孝、遠藤憲一 クランクイン!

 俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が15日に放送され、唯織(窪田正孝)の行動をサポートする放射線技師長・小野寺(遠藤憲一)の姿に、ネット上には「上司の鑑」「理想の上司」などの声が寄せられた。

 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、患者の命を救う姿を描く。

 技師長の小野寺(遠藤)は、膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行うことに。健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。

 健太郎の母・美佐子(中越典子)の病歴から、健太郎自身にも重大な病が隠されている可能性に気づいた唯織は、医師からのオーダーのない膝のMRI検査を実施しようとする。小野寺は「調べて病気がなけりゃ、それでいいじゃねーか」と唯織の判断を支持。しかしMRI検査を強行する唯織たちの前に鏑木(浅野和之)が乗り込んで来て「急患でもない患者の検査なんか許可した覚えはありませんよ!」と激昂する。これに対して小野寺は「責任なら私がとります」と話すと、続けて「この検査に1人の少年と母親の未来がかかっています」と言い放つ。この小野寺の言動に、SNS上には「上司に言われたいセリフや…」「まーじ理想の上司!」「上司の鑑」「小野寺の上司としてのカッコ良さが最高」などの声が殺到した。

 MRI検査の結果、健太郎から骨肉腫が発見されてしまう。小さな身体からみつかった思わぬ大病に意気消沈するラジエーションハウスの面々に、小野寺は「ガンになりやすいんだったらよ、検査のたびに俺たちが早期に見つけ出してやればいいんだろ!」と言葉をかける。この“名言”に視聴者から「心強い言葉」「カッコイイこと言ったねぇー」「エンケンさん、イイトコ持っていくなぁ…」などのツイートが寄せられた。

関連記事(外部サイト)