『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』、シーズン17更新が決定

マーク・ハーモンの『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』シーズン17の制作決定か 

記事まとめ

  • 海外ドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』シーズン17の制作が決まったという
  • 主人公役と製作総指揮を務めるマーク・ハーモンが、CBS TVと契約を交わしたとも
  • ポーリー・ペレットがシーズン15で降板し、シーズン16での失速が心配されたそう

『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』、シーズン17更新が決定

『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』、シーズン17更新が決定

『NCIS ネイビー犯罪捜査班』主演のマーク・ハーモン(C)AFLO

 2003年に放送が始まって以来、不動の人気を得ている米CBS局の海外ドラマNCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』。人気キャラクターだった科学捜査分析官アビー・シュート役の女優ポーリー・ペレットがシーズン15で降板し、シーズン16での失速が心配されたが、このたび無事シーズン17の制作が決まったという。

 Deadlineによると、同シリーズの要となる主人公のリロイ・ジェスロ・ギブス役の俳優で製作総指揮も務めるマーク・ハーモンが、製作のCBS TVスタジオズ側と新しい契約を交わしたとのことだ。

 アメリカ軍や軍人が関係する事件の捜査にあたる海軍犯罪捜査局の捜査官たちの活躍を描く『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』。リバイバルをウワサされる海外ドラマ『犯罪捜査官ネイビーファイル』のスピンオフとして始まった。今では『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』から、『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』と『NCIS:ニューオーリンズ』の2つのスピンオフが生まれている。この2つのドラマもほぼ確実に更新されると見られている。

 『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』はCBS局の番組の中でも最長寿の番組で、視聴率にも陰りがないとのこと。シーズン16は平均で1600万人の視聴者を獲得していたという。海外での人気も高く、200ヵ国以上で放送されている。

関連記事(外部サイト)