日本一のコスプレイヤー・えなこ、『賭ケグルイ』で映画デビュー

コスプレイヤーのえなこ、浜辺美波主演の『映画 賭ケグルイ』で映画デビュー

記事まとめ

  • えなこが浜辺美波主演の『映画 賭ケグルイ』に出演、映画デビューする
  • えなこは"日本一"との呼び声の高いコスプレイヤーで、本作のファンだったという
  • 本作には主演の浜辺やえなこのほか、福原遥も出演し、えなことバトルを繰り広げる

日本一のコスプレイヤー・えなこ、『賭ケグルイ』で映画デビュー

日本一のコスプレイヤー・えなこ、『賭ケグルイ』で映画デビュー

『映画 賭ケグルイ』で映画デビューする「えなこ」場面写真(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会

 “日本一のコスプレイヤー”として知られるえなこが、『映画 賭ケグルイ』で映画デビューすることが分かった。浜辺美波ら個性豊かなキャラクターたちに混ざり、劇中で福原遥とギャンブル・バトルを繰り広げる。

 本作は、シリーズ累計500万部を突破した河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』の映画化作品。“ギャンブルの強さのみ”で生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台に、浜辺演じる最強ギャンブラー・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)を中心に繰り広げられる、予測不可能なギャンブル・バトルが描かれる。2018年1月に実写ドラマ化され、現在『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送中だ。映画化に際しては、原作者の河本がシナリオ原案・監修を担当し、英勉監督とタッグを組んでオリジナルストーリーを作り上げた。

 今回えなこは生徒会が開催した「生徒代表指名選挙」に参加している女子生徒を演じ、福原演じる歩火樹絵理(あるきびじゅえり)と、「票争奪ジャンケン」というギャンブル・バトルを繰り広げる。

 もともと『賭ケグルイ』シリーズの大ファンだというえなこは、2017年の「コミックマーケット」で夢子のコスプレを披露したことがきっかけで、ドラマ『賭ケグルイ season1』のイベントに実際に劇中で使用された衣装を着用して登壇したことも。『賭ケグルイ』の魅力を「個性的なキャラクター達の魅力はもちろん、中でもヒロインの夢子が大好き」と語り、自身初の映画出演について「エンドロールに自分の名前が載っているのを見て感動しました」と喜びを語った。

 さらに、『賭けグルイ』の世界観に入った感想を「私立百花王学園が本当に存在するんじゃないかと思うくらいリアルだったので、出来ることならあのまま制服を着て学園に通いたかったです(笑)」と回答。自身の見どころについていは「多分、皆さんが一度も見たことのないような顔をしたと思うので(笑)表情を見ていただけると嬉しいです」とメッセージを寄せた。

 『映画 賭ケグルイ』は5月3日より全国公開。

関連記事(外部サイト)