『いだてん』15回、祝言をあげた四三 ベルリン五輪を目指し東京へ

『いだてん』15回、祝言をあげた四三 ベルリン五輪を目指し東京へ

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第15回「あゝ結婚」(C)NHK

 NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』、今週放送の第15回「あゝ結婚」では、熊本に帰った四三(中村勘九郎)は思いもよらず、かつて思いを寄せていたスヤ(綾瀬はるか)と見合いをすることに。スヤは夫の重行(高橋洋)と死別していたのだった。

 重行の母・池部幾江(大竹しのぶ)と実次(中村獅童)に強引に押しきられる形になったものの、互いに好きだった四三とスヤは晴れて祝言をあげる。

 しかし四三はスヤを残して東京へ。次のベルリンオリンピックで勝つために、四三はスヤの理解を得て練習に打ち込む。その姿と重なるように、浜松の浜名湖では、河童軍団と称する若者たちが日本泳法の稽古に励んでいた。
 
 ちょうど旅で浜松にいた孝蔵(森山未來)は、自分の寄席をよく見に来ていた少年を河童たちの中に見つける。

 先週放送の第14回「新世界」では、四三はストックホルムから帰国。報告会で大勢の高師の仲間が四三の健闘を称える中、永井道明(杉本哲太)の弟子・二階堂トクヨ(寺島しのぶ)が敗因を厳しく問いただす。二人はオリンピックでの敗北を受け、娯楽スポーツではなく強靭な肉体を作る体育の推進を改めて主張した。その場で4年後のベルリンオリンピックへの意欲を語った四三。ヨーロッパの舗装路対策やスタートダッシュなど独自の方法で練習を始めた。

 一方、三島弥彦(生田斗真)はヨーロッパの視察などを終え帰国。オリンピックでの敗北でスッキリしたという弥彦は、天狗倶楽部の面々を前にスポーツをきっぱり諦めて銀行員になることを宣言。天狗倶楽部も解散へ。だが“野球害毒論”を耳にした弥彦は、アメリカの野球を研究するためにも、銀行員としてアメリカに渡ることを決意する。その後、治五郎(役所広司)も帰国。監督の大森(竹野内豊)が亡くなったことを告げた。

 四三はオリンピック後の周りの雰囲気から、自分たちのオリンピックでの頑張りは“嘘”だったのかと思い悩む。それを打ち明けられた弥彦が四三を誘い二人でオリンピックの記録映画を観に行き、現実を噛みしめる。その後、兄・実次からの呼びかけで四三は熊本に帰郷。兄からは、学校を卒業したら教師として熊本に帰ってこいと言われる。そして、そのまま見合いの場に連れていかれる。そこにいたのはなんとスヤだった、という内容だった。

 NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第15回「あゝ結婚」はNHK BSプレミアムにて4月21日18時、総合テレビにて20時放送。

関連記事(外部サイト)