柏木由紀、兼任解除でNGT48最後のステージ「正直やめたくない」

柏木由紀、兼任解除でNGT48最後のステージ「正直やめたくない」

NGT48兼任解除となった柏木由紀 クランクイン!

 AKB48・柏木由紀が、21日、新潟・NGT48劇場で行われた「チームNIII『誇りの丘』千秋楽公演」に出演。NGT48兼任メンバーとして最後の公演に立った柏木がメンバーやグループに対する想いを語った。

 これまでのチーム制度を取りやめ、新たなに1生と研究生として再スタートを切ることになったNGT48。公演の冒頭でチームNIIIのキャプテン・加藤美南はメンバーが久しぶりに全員揃ったことを説明すると「最後に最高のパフェーマンスで終わりたいと思うので、盛り上がっていきましょー!」と挨拶。さらに、柏木は「最後だなぁと思うと寂しい気持ちあるんですけど、今日は10回とは言わず100回分くらいの気合を込めて頑張ります!」と意気込みを語った。

 途中のMCコーナーでチームNIIIのこれまでの公演を振り返った副キャプテンの萩野由佳は、ステージで柏木と2人でユニットソングを歌った時の思い出について触れ「セリフを言って抱きつくじゃないですか。いつもね、すごくイイ匂いがするの…」とウットリ。続けて「髪の毛が甘〜いフローラルの匂いがするの」と笑顔で明かし、会場に集まったファンを盛り上げた。

 公演の最後にはステージ上からファンに向けて柏木が挨拶。NGT48の結成が発表された当初からAKB48との兼任が決定した彼女は「1期生はオーディションから見ているので、同じメンバーという気持ちと親心もあったんですけども」と語ると「最初はいっぱい教えていた側だったのが、4年たってダンスや立ち位置をみんなから教えてもらったりと、本当に頼もしくなったなぁと思います」と話し後輩たちの成長に目を潤ませた。

 また柏木はグループの結成から携わったことが初めてと明かしながら「振り返ってみたら、AKB48以上に気持ちが動くことが多かった」と告白。さらに彼女は声を震わせながら「正直やめたくないなぁとは思いますけど、4年もいさせてもらえてすごく楽しかったです」とファンやメンバーへの感謝の気持ちを込めた。

 そして最後に加藤は、チームNIIIとしての活動を振り返り「キャプテンになったくせに本当にまとめられなくて…」と明かすと「メンバー1人1人が成長できるチームになったんじゃないかなと思います!」と締めくくった。

 なお公演の冒頭には、早川麻依子劇場支配人がステージに立ち、メンバー・山口真帆の暴行被害から発展した騒動について謝罪。「2015年の結成以来、温かいご声援を賜りましたファンの皆様、新潟県の皆様におきましては、今回の事件、そして事件後の運営の対応の不備により、大きく信頼を裏切るかたちとなってしまいましたことを心よりお詫びを申し上げます」と頭を深々と下げた。

 続けて「支配人としてもまだまだ未熟な部分がたくさんあると痛感しておりますが、メンバーとスタッフと一歩一歩前に進んで行けたらと考えておりますので、温かい目で見守っていただけますと幸いです」とコメントした。

 この後、17時30分からチームG千秋楽公演が行われ、山口も出演する予定となっている。

関連記事(外部サイト)