キャサリン妃、さわやかで品のあるブルー&グレーの全身コーデが素敵

キャサリン妃、さわやかで品のあるブルー&グレーの全身コーデが素敵

キャサリン妃(C)Zeta Image

 世界の注目を集める英王室。メーガン妃と共に毎回、公務やプライベートでのファッションが話題になるキャサリン妃が、毎年恒例の復活祭での礼拝に出席し、春らしいさわやかなペールブルーと落ち着いたグレーで全身をコーディネートしたファッションを披露した。

 現地時間4月21日、キャサリン妃はウィリアム王子と共に、ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で行われた復活祭の礼拝に出席。Town&Countryによると、今回の公務に選んだアンサンブルは、ペールブルーのひざ丈のコートドレス。内ボタンがしっかり留まっていて、えりが立っており、品があると同時にスタイリッシュだ。胸元にはブローチ。ドロップイヤリングもアクセントになっている。

 リボンの付いた帽子とヒール、クラッチバッグは落ち着いたグレーでまとめ、全体のルックスを引き締めているのがステキだ。

 この日はエリザベス女王の93歳の誕生日でもあったが、メーガン妃は出産前の産休に入っていたため、礼拝には欠席。ヘンリー王子は1人での出席となったが、屋外ではキャサリン妃やウィリアム王子に話しかけて2人を笑わせる姿を目撃されており、ウィリアム王子夫妻との不仲説を吹き飛ばす形となった。

関連記事(外部サイト)