ストーリーの全貌が明らかに!『メン・イン・ブラック:インターナショナル』最新予告

ストーリーの全貌が明らかに!『メン・イン・ブラック:インターナショナル』最新予告

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

 6月14日に公開される『メン・イン・ブラック:インターナショナル』より、ストーリーの全貌が明かされる最新予告が世界一斉解禁。併せて最新海外版ポスターと新場面写真も到着した。

 本作は、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。

 本作でチームを組むのは、映画『マイティ・ソー』のソー役で人気を博したクリス・ヘムズワースが演じるエージェントHと、テッサ・トンプソン演じる新人エージェントMで、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)の2人が再共演。また、MIBのロンドンオフィスの大物エージェント、ハイTをリーアム・ニーソン、エージェントOを『メン・イン・ブラック3』に続いてエマ・トンプソンが演じるほか、『M:I』シリーズの女性スパイ役で見事なアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンが新キャラクターで登場する。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。

 最新予告では、ついに物語の全貌が明かされる。エリート新人女性エージェントMは、20年前にエイリアンと遭遇するもMIBのニューラライザーによる記憶消去を偶然にも逃れ、その日からMIBに憧れ続けていた。ついに自らの力でスカウトを勝ち取り、上司エージェントOに対しても「“メン(男)”・イン・ブラック?」と言い放ち、タジタジにさせる大物ぶりを見せつける。

 彼女の初ミッションは、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントHとコンビを組み、MIBロンドンオフィスの大物エージェントであるハイT、シリーズ屈指の人気キャラでもあるパグ犬らと共にMIB内部に潜入したスパイを探し出すこと。何にでも変身する厄介な進化を遂げたエイリアンや、誰が敵か味方かも分からない何十人ものエージェント、3本目の腕を持つクレオパトラのような美女(レベッカ)などに立ち向かう性格大違いの男女チームが、この重要任務をどんな形で解決していくのか、気になる映像となっている。

 さらに、仲間とおぼしき肩乗りサイズのキュートで憎めないエイリアンや、宇宙最強の武器まで登場する多彩なガジェットの数々など、盛りだくさんの予告映像となっている。

 最新海外版ポスターでは、ブラック・スーツ&サングラスのクールでスタイリッシュなエージェントのM、Hに加え、ハイT、Oが勢ぞろい。さらにバグ犬や多彩な魅力を放つエイリアンも姿を見せ、下方には凱旋門やエッフェル塔などパリの街並みが写し出されている。

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は6月14日より全国公開。

関連記事(外部サイト)