『ミストレス』大政絢、篠田麻里子と“女性同士”のキスシーンに挑戦

長谷川京子が主演『ミストレス』第3話で、大政絢が篠田麻里子とキスシーンに挑戦

記事まとめ

  • 長谷川京子が主演を務めるドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』第3話が放送される
  • 大政絢演じる樹里と、篠田麻里子扮するレズビアン女性・玲とのキスシーンが描かれる
  • 同作は、英国ヒットドラマ『Mistresses』の日本版で水野美紀、玄理、大政らが出演する

『ミストレス』大政絢、篠田麻里子と“女性同士”のキスシーンに挑戦

『ミストレス』大政絢、篠田麻里子と“女性同士”のキスシーンに挑戦

『ミストレス〜女たちの秘密〜』第3話場面写真(C)NHK

 女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』(NHK総合/毎週金曜22時)。3日放送の第3話では、大政絢が演じる樹里と、篠田麻里子扮するレズビアンの女性・玲とのキスシーンが描かれる。

 同作は、英国BBCのヒットドラマ『Mistresses』を原作とする現代群像劇。幸せをテーマに、4人の女性たちが現代日本の生きづらさや焦燥感に向き合うさまを描く。主演を長谷川が務めるほか、水野美紀、玄理、大政らが出演する。

 第3話。香織(長谷川)は大学生の貴志(杉野遥亮)から突然キスをされ拒絶するが、それでも貴志は執ように付きまとう。友美(水野)は再び安岡(甲本雅裕)から食事に誘われ、久しぶりの恋の予感に胸躍らせる。冴子(玄理)と悟史(佐藤隆太)はついに不妊治療を始めるが、その検査結果にがく然となった。一方、樹里はレズビアンの女性・玲と頻繁に会うようになり…。

 密会を重ねるうち、経験したことのない感情を玲に抱くようになった樹里。そんな第3話では、大政と篠田の、華やかでかわいく、エロチックな女性同士のキスシーンが描かれる。

 女性とのラブシーンは初めてだったという大政は、「肌の見せ方や、どの角度だとキスがきれいに見えるかなど、篠田麻里子さん、片岡監督と話し合って演じました」と振り返り、「女性同士なので、お互いに女性として美しく見えるところを知っているからこそ撮影できた新しいラブシーンじゃないかなと思います」と自信をのぞかせている。

 演出を務める片岡敬司は、「樹里と玲のキスシーンは、キスする前の展開を含めて僕もドキドキしました。撮影前に動きの説明をした時は、その自分の説明が正しいのか自信がありませんでしたが、お2人がしっかり話し合って演じていただき、とても刺激的かつ美しいシーンになりました」とコメントしている。

 ドラマ10『ミストレス〜女たちの秘密〜』第3話は、NHK総合にて5月3日22時放送。

関連記事(外部サイト)