松坂桃李、令和の抱負は「豊かに」 後輩・杉野遥亮へも期待

松坂桃李、令和の抱負は「豊かに」 後輩・杉野遥亮へも期待

映画『居眠り磐音』完成披露試写会に出席した松坂桃李 クランクイン!

 俳優の松坂桃李が、6日、都内で開催された映画『居眠り磐音』完成披露試写会に出席。共演の木村文乃、芳根京子、杉野遥亮、南沙良らと令和の抱負を明かした。

 佐伯泰英の小説『居眠り磐音 決定版』(文春文庫刊)を基に、昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替商の用心棒として悪と戦う坂崎磐音の活躍を描く本作。時代劇初主演を務めた松坂は「磐音は壮絶な過去を、運命を背負わなければいけなくなるんですけども、その運命とともに、向き合いながら、日々撮影に臨んでいましたね。その気持ちを大事に大事にしながら、最後まで撮影を駆け抜けていった思い出があります」と撮影を振り返った。

 その後、一同が令和の抱負を掛け軸で発表する一幕があり、松坂は「豊かに」という文字を披露し「仕事も生活も豊かに。自分自身、周りも含めて豊かになれるようにやっていきたい」とコメント。

 具体的にどんな部分を豊かにしたいか問われると「もっと事務所が豊かになればいいかな。ちょっとね、人数少ないので。うちの事務所(笑)」と明かして会場を沸かせ「後輩も含めて頑張っていただいて」と、事務所の後輩である杉野に期待を寄せた。これを受けた杉野は「無言の圧をすごく感じて。ギラっていう目線が怖かったです」と白い歯を見せた。

 一方、おこん役の木村は、3年ほど前から始めたダイビングに触れ「64本しか行っていなくって。ダイバーの大人になったねって言う本数が100本らしいんですね。なので、令和元年中に100本を目指したい」と宣言。

 また、磐音の許嫁・奈緒を演じた芳根は「海外旅行」と回答。母とともにタイ料理が好きだそうで「一緒にタイに行きたいねと言っているので、まずは母にパスポートを更新してもらうところから始めようと思っています」と笑顔で抱負を語った。

 この日は石丸謙二郎、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木克英監督も出席した。

 映画『居眠り磐音』は5月17日より公開。

関連記事(外部サイト)