“ジルベール”ついに降臨! 「針ネズミTシャツ」も話題『きのう何食べた?』第6話

“ジルベール”ついに降臨! 「針ネズミTシャツ」も話題『きのう何食べた?』第6話

磯村勇斗クランクイン!

 俳優の西島秀俊と内野聖陽がダブル主演を務めるドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第6話が11日放送された。満を持して登場した“ジルベール”こと、航(磯村勇斗)の振る舞いや服装に、視聴者からは「ダサカワ具合が、もう最っ高…」「なんだあの可愛さ」と好評の声が多数寄せられている。

 史朗(西島)が小日向大策(山本耕史)からのお誘い攻撃に頭を悩ませていた3月、弁護士事務所に女性の司法修習生が来ることに。史朗が彼女の指導を担当すると聞いた賢二(内野)は、修習生から迫られてしまうのではとヤキモキする。

 修習生に対するモヤモヤもあるが、ひとまず小日向さんの誘いを受けた史朗。恋人である“ジルベール”こと航くん(磯村)に旅行の当日クリーニング屋に行かされ、誰もいない店のシャッターを叩き続けたという愚痴を語り始めた小日向は「もう限界かなと思うときがありますよ」とため息。続いて「なぜか筧さんにはすんなりと、航の愚痴が言えたんです…」と色っぽく言われた史朗は「彼氏との不仲を相談するというていで俺のことを口説こうとしているんじゃないか!?」と焦り始める。

 しかし、小日向にそんなつもりは毛頭なかった。彼は単純に自身の恋人を史朗に紹介したいだけだった。そして現れたのは、ネズミが針を持ったイラストの上に「針ネズミ」と書かれたTシャツを着用し、どこかひょうひょうとした普通の青年。拍子抜けした史朗だが、その後さらに「モテ」に関する恥ずかしい思いをする羽目になる…。

 史朗の妄想ではなく、実際の“ジルベール”がついに登場した第6話。個性的すぎる服装にくわえ、言動が原作そっくりな磯村の演技に、放送中SNSには「ジルベールな磯村くんナチュラルでいいねぇ」「思ってた以上にインパクトありすぎた」「もさかわジルベール」などの声が多数寄せられた。また、「ジルベール」という単語のほか、彼が着用していたTシャツ「針ネズミ」がトレンド入りを果たした際、テレビ東京ドラマ24の公式ツイッターが「ジルベールじゃなくて、針ネズミの方がトレンド上位…!?うそだろ…」とツッコむ一幕もあり、大きな盛り上がりを見せていた。

関連記事(外部サイト)