有村架純×坂口健太郎共演、全編6K収録『そして、生きる』特報解禁

有村架純×坂口健太郎共演、全編6K収録『そして、生きる』特報解禁

『連続ドラマW そして、生きる』ビジュアル(C)2019 WOWOW INC.

女優の有村架純と俳優の坂口健太郎が共演し、岡田惠和が脚本を担当する『連続ドラマW そして、生きる』より、2人が東日本大震災後の東北で出会いを果たす様を描いた特報映像が解禁された。

 本作は、東日本大震災後の東北と東京を舞台として、過酷な運命を生きた2人の男女、そして彼らと巡り合う人々の人生を描いたオリジナルヒューマンラブストーリー。

 生田瞳子(有村)は3歳の時に交通事故で両親を亡くし、岩手県盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。19歳となった瞳子は女優を志して、東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、本番前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。

 その年の秋、瞳子はカフェで一緒に働く韓国人ハン・ユリ(知英)と共に、気仙沼でのボランティア活動に参加し、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆(坂口)と出会う。穏やかで整然と現場を取り仕切る清隆だったが、彼も過酷な運命を背負っていた。気仙沼での日々を共に過ごした2人は、いつしか互いに特別な感情を抱いていく。

 主人公・瞳子役の有村は、『海に降る』以来4年ぶりに連続ドラマWへ出演。脚本を手がける岡田とは、主演作のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』でもタッグを組んでいる。もうひとりの主人公となる清隆役の坂口は、WOWOWのドラマ初出演となる。女性アイドルグループ・KARAの元メンバー、知英がハン役を演じる。メガホンを取るのは、映画『君の膵臓をたべたい』で監督を務めた月川翔。

 公開された特報映像は、ヘルメット姿の清隆が瞳子にペットボトルの水を差し出す場面を皮切りに、風に舞い散る桜や静かに流れゆく雲の姿など、ロケ地となる東北の壮大な景色や街並みを次々にピックアップ。ボランティア活動中の瞳子が清隆の視線に気づき、2人見つめ合う様をありのままの美しい太陽光と共に捉えている。映像撮影にあたり、全編6K収録を行い、4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)版も制作した。

 『連続ドラマW コールドケース』シリーズや『連続ドラマW 坂の途中の家』など、WOWOWの4K・HDR作品を担い、本作の撮影監督を務める山田康介は、「俳優部の自然なお芝居と、美しい東北の風景をそのまま切り取って作品にしたいと思いました。今作ではライティングを極力排除し、その瞬間、その場所にある光だけで撮影しています。長回しも多く、そこで生まれた物語を、限りなく生のままカメラに収めました」と、新たな挑戦について明かしている。

 『連続ドラマW そして、生きる』は、WOWOWプライムにて夏放送。

関連記事(外部サイト)